姓なしの“マダム蓮舫”は誤解のもと

2016年09月21日 21:00

蓮舫というファーストネームだけで政治活動することへの疑問について、たびたび指摘しているが、欧米語ではどう呼ぶのかという問題もある。 

というのは、フランスで勤務しているときに、フランス人スタッフのカトリーヌ・ラクロワ(仮名)からこんな相談を受けた。 

「うちのボスが私のことを『マダム・カトリーヌ』というし、隣のマリー・ルイーズ・エルノー(仮名)のことを『マドモワゼル・マリー・ルイーズ』と呼ぶんだけど困ってるの」

「『フランスではファーストネームにマダムとか、マドモワゼルはつけないの?」

使うのは、女衒とか娼婦くらい

「『マダム・クロード』って大売春組織の女衒が逮捕されたとニュースになったの知ってるでしょう。

ああいうときだけなの」

「うちのボスも悪気はないらしいんだけど、マダム・カトリーヌとボスが言うたびにみんな笑うんで、それとなく教えておいて欲しいわ」

…….と、ラクロワが話していたことを思い出した。

英語でも女衒や娼婦のイメージになるかどうかは知らないが、少なくともファーストネームにミセスとかミスはつけない。仮に民進党が政権交代をして蓮舫氏が首相になれば、外国人はどう呼べばいいのだろうか。欧米の人たちにクスクス笑われることがなければいいのだが….。

タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学大学院教授

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑