貴方は「パチンコ」をしますか、それとも「食事」をしますか

2016年10月01日 06:50

13166096_1084347351627313_6071446193943633730_n

セミナー講演前の後藤勇人氏。

ある場所に2人の男性がいました。2人は1万円を所持しています。Aさんはパチンコに使い、Bさんは誰かを食事に誘いご馳走することにしました。2人の行動は同じ額のお金を消費するという意味では同じです。ところが、そこから将来的に得られる価値やチャンスを考えると大きな違いが出てきます。

後藤勇人(以下、後藤)は、美容室、日焼けサロン、ショットバーなどを経営する他、ギターのグレコで有名なフジゲン創業者の横内祐一郎氏の総合プロデュースをおこない、ブランド構築の専門家として認知されています。今回は、ビジネスで留意すべき「ストーリーを読む方法」について伺います。

■先のストーリーを描けていますか

--冒頭のケースは、後藤がセミナーで使用する例題です。皆さまはどちらを選びますか。

「まずAさんのパチンコを考えましょう。パチンコから得られるものは、数%程度の確率で勝つかも知れないという期待感やギャンブルへの高揚感です。勝算は数%で、勝った場合も、次のギャンブルの軍資金になるというデータがあります。労せずに得たあぶく銭ですから、きっと泡のように消えてしまうと思います。」(後藤)

「次にBさんの食事のケースを考えて見ましょう。もしBさんが、ビジネスでつながりが持てそうな人や人脈を構築するためのキーパーソンと食事をしたらどのような価値が生まれるでしょうか。貴方が、お店のセッティングから会計まで全部を仕切ったとしたら相手はどのように思うでしょうか。」(同)

--これは、目の前の一点しか見ない使い方と、将来的なストーリーをイメージした使い方との差が出ることを理解するケースです。

「横内塾という学びの会があります。グレコのギターで有名な世界的なメーカー、フジゲン創業者の横内祐一郎会長が主催する会です。フジゲンはOEMを含めて世界シェア40%を創業から26年で達成します。横内氏は音楽の知識もないのに、様々な分野の専門家との人脈を構築して世界一の会社を育て上げました」(後藤)

「内容は、お寺に3日間泊り込んでビジネスの修行をするという内容で参加費は5万円だったと記憶しています。実は私は学びを深いものにするために、ビデオ撮影が可能か横内会長に打診していました。『貴方が見るだけなら』という条件で快諾をいただきました。」(同)

--さらに後藤は次の行動を起こします。これには少々驚きました。

「さすがに、家庭用の小型ビデオを使うわけにもいきませんから、専門業者に依頼しました。専門業者に支払った額は数十万円を超しました。私が繰り返しビデオ見ることで学びがあったことは言うまでもありません。ところが、横内会長の教えを学びたい人が当時は多く、ビデオを商品化して発売し、さらにセミナーの内容を『世界一の会社をつくった男』(KADOKAWA)として発刊することになりました。」(後藤)

「私は5万円を投じてセミナーに参加しましたが、その先のストーリーを描くことで、横内祐一郎氏の総合プロデュースまで任せられる立ち位置を築くことができました。」(同)

■本日のまとめ

--既にビジネスを始めている人、成功している人とっては釈迦に説法かも知れません。しかし、これから考えている人にとっては、先のストーリーをイメージすることは大切ではないかと思います。

最後に、本書の後藤のメッセージを引用し結びとします。「人生とは願望を達成する旅のようなものです。その願望を達成するために大きな役割を果たすのがお金だと思います。貴方の考え方次第でお金は大きな味方になるはずです。」

まずは、目先の利益ではなく、先のストーリーをイメージすることが始めてみては如何でしょうか。

参考著書
夢実現とお金の不思議な29の関係』(同友館)

尾藤克之
コラムニスト

PS

次代の論客は貴方!アゴラ出版道場』は本日10月1日開講です。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑