ベンチャーM&A速報:IBMがPromontory Financial Groupを買収

2016年10月15日 06:00

cover_60154ce6-0383-4f80-96f1-d161f7451533

人工知能のWatson(ワトソン)が金融分野のコンサルティングに進出

IBMがPromontory Financial Groupの買収を発表しました。Promontoryは2001年にワシントンDCで設立されたコンサルティング会社で、金融分野のリスク管理や規制コ ンプライアンスの専門家600人以上が在籍しています。IBMは、質問応答・意思決定支援システムのWatsonにPromontoryが保有する膨大な データや専門知識を学習させ、これを機に設立するWatson Financial Servicesを通じて、Thomson ReutersやBloombergとも競合するような金融業界向けのツールやコンサルティングの提供を目指しているそうです。

IBM Watsonは、自然言語処理と機械学習によって大量の非構造化データから洞察を得るコグニティブコンピューティングのプラットフォームです。その名称 は、創業ファミリーのラストネームに由来していて、二代目であるThomas Watson Jr.の言葉 “Our machines should be nothing more than tools for extending the powers of the human beings who use them.”(IBMのマシンは、使用する人間が持つ能力を拡張するツールに過ぎません)が、その精神としてウェブサイトにも謳われています。

Watsonの開発は、1997年にチェス王者に勝利したDeep Blueに続く人工知能の研究課題として、Jeopardy!というクイズ番組への参加を目標として2005年に始まりました。2011年にはデビューと 同時に優勝を果たして$1Mの賞金を獲得しました(全額を慈善事業に寄付)。その後の商業利用として、2014年にはIBM Watson Groupとして当初予算$1Bのビジネスユニットが発足して、コグニティブコンピューティングのサービスを展開しています。2016年第2四半期の Watsonを含むCognitive Solutions部門の売上高は4.7B(前年同期比4%増)でした。

ビジネス展開では診療意思決定支援などのWatson Healthが最も進んでいます。医療データ解析を強化すべく、これまでに買収したPhytel、Explorys、Merge Healthcareに加えて、年初にはTruven Health Analyticsを$2.6Bで買収しました。WatsonのAPI(Bluemix)を使ってアプリを開発するベンチャー企業を支援する$100Mの ファンドも設立しており、健康管理アプリのWelltok(IBMを含め$22M調達)、遺伝子検査・個別化医療サービスのPathway Genomics(同$40M)などに出資しています。また、Watson IoT(Watsonによるモノのインターネットのデータ活用)を強化する策として、気象予測のThe Weather Companyを$2Bで買収しています。

IBMによるM&Aまとめ(過去1年間)

・Promontory Financial GroupをIBMが買収(規制コンプライアンス専門コンサルティング会社)
・EZSourceをIBMが買収(ソフトウェア品質管理)
・Blue Wolf GroupをIBMが買収(Salesforceインテグレーション;$200M)
・OpteviaをIBMが買収(Microsoft Dynamics CRMインテグレーション)
・Resilient SystemsをIBMが買収(サイバセキュリティ;$100M)
・Truven Health AnalyticsをIBMが買収(医療データ解析;$2.6B)
・ApertoをIBMが買収(デジタル広告代理店)
・Ecx.ioをIBMが買収(デジタル広告代理店)
・Resource AmmiratiをIBMが買収(デジタル広告代理店)
・UstreamをIBMが買収(ビデオ配信)
・Iris AnalyticsをIBMが買収(不正取引防止)
・ClearleapをIBMが買収(ビデオ配信管理)
・GravitantをIBMが買収(クラウドサービスブローカレッジ)
・The Weather CompanyをIBMが買収(気象予測;$2B)
・CleversafeをIBMが買収(データストレージ;$1.3B)

その他のM&A案件

・Kruxをセールスフォースが買収(顧客データ管理;$700M)
・PacteraをHNA EcoTechが買収(中国ITサービス;$675M)
・HookLogicをCriteoが買収(パフォーマンスマーケティング;$250M)
・DailyFXをIG Groupが買収(バイナリオプション取引所 × 外為情報サイト)
・Vivをサムスンが買収(人工知能アシスタント)
・ParibusをCapital Oneが買収(クレジットカード × 商品価格トラッキング)
・Nomos SoftwareをXMLdationが買収(XML管理 × API)
・BaynoteをKibo Softwareが買収(小売りブランド向けコマースソリューション)

記事提供:TransCap 編集:M&A Online編集部


アゴラ編集部より:この記事は「M&A Online」2016年10月14日のエントリーより転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑