英インデペンデント紙がトランプ大統領支持!?

2016年10月26日 21:42

英国の中道右派の高級紙であるIndependent紙が、ここに来てまさかのトランプ大統領支持を表明する記事を出してきた。

記事のタイトルは “Could Hillary Clinton start a world war? Sure as hell she could – and here’s how” である。つまりヒラリーが大統領になれば、米露戦争になりかねない、という懸念を強調している。

「ヒラリー大統領はロシアとの戦争を招く」という議論はアメリカのトランプ支持派のメディアのなかで時々見かけ、最近YouTubeのRebel MediaでもA vote for Hillary Clinton is a vote for war with Russiaという動画が先週19日に出されたばかりだった。

だが、Rebel MediaとIndependent紙では全然ワケが違う。前者は名前からも察せられる通り、例えばWelcome to Black Lives Matter Canadaなど、黒人人権団体を揶揄したりする非常に挑発的な内容の動画を提供する、いわば意識的に主流メディアに反抗する「Anti-PC」メディアである。彼らがトランプ氏支持を表明しクリントン陣営の「嘘」を指摘したりクリントン氏の信頼性を疑ったりするのは当然であるし、かつそこに面白さがあるのだが、このようなメディアは少しでもPCに対して批判的な「変わった人」に向けてつくられているので、知識人の王道を行くような「リベラル」な人ならまず見ないものだ。

ところがIndependent紙はそうではない。右派系とはいえ穏健メディアであるし、現にこれまではトランプ氏に批判的な論調だった。例えばこの記事ではトランプ支持派の暴力性を揶揄しているし、別の記事ではトランプ支持派がNaziの言辞を使用しているなど、トランプ支持層を「悪」と結びつけようとするかのような論調が目立っていた。また討論会に関しても、ヒラリー優勢とIndependent紙は報道していたのである。

ところが今週に入って急に実はトランプが「優勢」であるかもしれない、あるいは本当に大統領選に勝つかもしれないという予想をする記事が出てくるのみならず、実はトランプ大統領の方が世界にとって望ましいかもしれないというような論調さえ出てきたのだ。

Pollの結果に基づき、これまでの予想に反してトランプ氏が勝つかもしれないという記事が出てくるのまでは理解できるにしても、ここに来て「米露戦争論」を大手メディアのIndependent紙が持ち出してきて「トランプ支持」を間接的に表明するなどということになるとは驚きである。

もしこれが単なるIndependent紙の気まぐれではないのであれば、案外西欧世界は変わりつつあるのかもしれない。

アメリカの大都市で、特に非白人層の中でどれほどトランプ氏が支持されるのかは依然疑問ではあるが、大手メディアの論調がここまで180度転回してくるとなるといよいよトランプ大統領誕生というシナリオが現実性を帯びてくる。

もしそうなれば、これはアメリカ合衆国にとって未曾有の革命である。Abraham Lincoln大統領のGettysburg演説以来北部アメリカが標榜してきた「勝ち組リベラリズム」の枠組みに対する、南部貧困層のイデオロギー的挑戦の勝利である。

それは現代世界の思想の潮流を一気に転換するほどのエネルギーを持つかもしれない。ゴア氏に対するブッシュ氏の勝利とは比較にならない。ブッシュ氏は強硬タカ派であったとはいえ、正統の保守派であり世襲政治家であり、エリートの末裔である。「持たざる者」から見れば、トランプ氏にはエリートのブッシュ氏には期待できそうもないことまで期待できるまさに「期待の星」である。それが曲がりなりにも大統領経験者の配偶者を持つクリントン氏に勝って大統領になるということは、例え初めから共和党候補の絶対優勢と言われる状況があったとはいえほとんど奇跡のような事態だ。

英国がEUの桎梏から脱出を決意したことも奇跡的ではあったが、トランプ氏がアメリカ大統領になることの方がイデオロギー次元ではより衝撃度が高い。

とはいえ、果たしてトランプ氏が大統領になったとしても、彼が実際に何をするのか、何が実行できるのかは未知数である。米露関係が改善することは西欧にとっては都合が良いことかもしれないが、日本にとってそれは何を意味するだろうか。

いずれにせよ、Independent紙の記事は図らずも現代国際政治の鍵は西欧ではなくロシアが、つまりプーチン大統領が握っていることを示している。この事実からだけでも西欧の政治がいかに弱体化してしまったかがよくわかる。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑