コンビニのスイーツが専門店やデパ地下のシェアを奪うとき

2016年11月08日 10:35

2356(1)

写真は氏家氏(ケンズカフェ東京にて撮影)

読者の皆さまはスイーツはお好きでしょうか。2000年以降、スイーツという言葉が流行りだし、いまでは普通に使われるようになりました。まず、スイーツ市場の概況を把握しておきましょう。

市場調査会社の富士経済によれば、チェーン店、百貨店、専門店、コンビニにおけるスイーツ(洋菓子)の国内市場規模は、1兆3377億円とされています。そのなかで最も有望なチャネルはコンビニで毎年、約2.5%の伸長をみせています。

たしかに、最近は「コンビニスイーツ」という言葉が生まれるように、コンビニスイーツのクオリティは向上しています。コンビニスイーツの成功要因はどこにあるのでしょうか。

今回は、ケンズカフェ東京(東京・新宿御苑前)の氏家健治シェフ(以下、氏家)に、コンビニスイーツの将来性について伺います。

同店のガトーショコラは、日本ギフト大賞を受賞し、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、TBS「ランク王国」、日本テレビ「ヒルナンデス! 」「嵐にしやがれ」などで紹介されたことがあるので、ご存知の方も多いかと思います。

■低価格・高品質なコンビニスイーツ

――コンビニスイーツがここまで注目され拡大している要因のひとつは価格にあります。専門店では1つ300~400円程度しますが、コンビニであれば100円台という低価格で買うことが可能だからです。

「専門店にも引けをとらないクオリティの向上は、コンビニスイーツが拡大した大きな要因の一つでしょう。最初は、会社帰りにスイーツを求めるOL層が『自分へのご褒美』として買っていました。しかし味は悪くないし価格も安い。コンビニという気軽な場所で買える利便さが好感され、人気に火がつきました。」(氏家)

「結果的に、コンビニスイーツは『自分へのご褒美』のみならず、商品によっては来客用に利用できるレベルにまでクオリティが上がりました。今後は、お客さまのさらなる購買意欲をかき立てられるかが大きなポイントになるのではないかと思います。」(同)

――コンビニスイーツのクオリティが上がったことで、スイーツ単体を味わう楽しみが増えたように思います。ワインや珈琲といっしょにスイーツを合わせるなどの選択肢が拡がったことでより身近なものになったことは間違いありません。

「最近は、お客さまの本物志向が顕著になりました。専門店のプレミアム感が溢れるスイーツ、海外の有名なスイーツや話題のスイーツが取上げられる機会も増えています。スイーツ市場全体が活気を帯びているといっても過言ではありません。」(氏家)

「しかし、コンビニ市場の拡大が全てにとって好影響というわけではありません。専門店や専門パティシエのお店と、コンビニの商品の価格は明らかに異なります。安価なコンビニにお客さまが流れることで売上げが落ち込む危険性が無いとはいえません。」(同)

■今後、コンビニスイーツはどうなるのか

――コンビニスイーツに関しては、男性客が増加しているという話も聞きます。実際はどうなのでしょうか。筆者のまわりではスイーツ好き男子が増えたように感じています。

「専門店と比較して、コンビニのスイーツは格段に安いです。さらに味のクオリティは高まっています。またお店に入る際の抵抗感がありません。私も専門店でスイーツ1つ買うのは少々恥ずかしいですが、コンビニなら堂々と買えます。」(氏家)

「専門店などは入店したら買わなければいけない雰囲気になりますが、コンビニなら何も買わなくても大丈夫です。私の推測ですが、専門店に入りづらい男性客がコンビニに流れているように思います。」(同)

――コンビニに行く人は、買い物以外では時間をつぶしにはいる人もいます。立ち読みや欲しい商品があれば買うというスタンスの人もいるでしょう。欲しいものがなければそのまま出ればいいのです。

「入店のし易さはコンビニの大きな強みです。専門店だと、ショーケースのなかに入っているスイーツを1つだけ買ってわざわざ箱に入れてもらうことに申し訳なささを感じてしまいます。ですが、コンビニは元々パックにはいっていますから1つでも買うことに抵抗を感じません。」(氏家)

「コンビニスイーツは、クリスマスやバレンタインなどのイベント、有名パティシエとのコラボなど、独自性も強まっています。街のなかのケーキ屋さんが担ってきた役割をコンビニが担っているのです。今後、コンビニのスイーツ市場はさらに拡大して、専門店やデパ地下のシェアを奪うときが来るように思います。」(同)

氏家は、「ファミリーマート」のクリスマスケーキも監修しており、コンビニスイーツ事情に詳しいですが、今後の展開は要チェックかも知れません。気がついたら、昨日は立冬。暦では冬にはいりました。皆さまも、素敵な冬のスイーツライフをお過ごしください。

尾藤克之
コラムニスト

61ccbaf00b2ad7543d6ee06cd642b5bb

アゴラ出版道場、第1期の講座が10月に開講しました。11月中旬の編集者オーディションに向け、受講生が鋭意奮闘中です。12月からは毎月1度のペースで入門セミナーを開催します(次回は12月6日開催予定。すでにお申し込みの方が増えております)。

なお、次回の出版道場は、来春予定しています。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト/経営コンサルタント

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑