大学で開催している資産運用セミナーに参加するメリット

2016年11月28日 11:30

160513Waseda21

資産デザイン研究所を立ち上げてからもうすぐ4年。SHINOBY`S BAR 銀座をオープンさせてからもうすぐ2年。自社主催でたくさんのセミナーを開催していますが、最初に投資家の方に向けてセミナーを始めたのは、実は早稲田大学(写真)です。

早稲田大学では2001年から定期的に資産運用講座を開催しており、次回は2017年の春から31回目の開講となります。17年間続いている仕事は私の社会人生活の中では最長かもしれません。

あまり告知していませんが、早稲田大学と並んで今年から始めたのが明治大学での講義です。講義の回数や時間などは異なりますが、コンテンツの内容は基本的に同じです。今週から資産設計塾@明治大学がスタートします。

資産運用をまったくやったことが無い方に、経済情勢の基本的な見方から、金融資産を使った資産運用、実物資産を使った資産運用、そしてアセットアロケーションによるポートフォリオ構築の方法まで網羅的にお話をします。

資産デザイン研究所が主催するセミナーが特定の分野にフォーカスした深掘りの内容とすれば、早稲田や明治といった大学での講義はより広い分野を網羅して、資産運用の全体像を把握しながら理解することができます。

<受講をお薦めする方>
預貯金だけで資産を保有していて将来が不安だけど、間違った投資をして資産を減らしてしまいたくない人
自分で投資をしているものの、思ったような成果が上がらず、きちんとした投資方法を学び直したい人
自分が今まで投資してこなかったような投資分野の知識を体系的に学んでみたい人
資産運用の最新情報を知りたい人

大教室の講義ではなく少人数の講座ですから、一方的にお話するだけではなく、双方向のコミュニケーションも交えてわかりやすく楽しい講義を目指します。

自分の将来を真面目に考え、真剣に変えていきたいと思うかたのご参加をお待ちしています。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 資産デザイン研究所のセミナーやイベントの最新情報はセミナー最新情報でご案内しています。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年11月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑