ALS協会会長に学ぶ!人柄を伝えるのに「コトバ」は要らない!?

2016年12月22日 11:30

fd5179f3-s

言葉の示すもの

ALS患者の私ですが、まだ声は出ます。しかし一度に話せるのは、3~5音がいいところです。よって、ヘルパーさんとの会話は以下のようになります。

「お茶(を飲ましてください)」

「テレビ(をつけてください)」

単語しか言えず、結果どうしても、昭和の頑固オヤジになってしまいます(笑)

しかも、今の声で1回で伝わるのはまれで、はっきりゆっくり言おうとすると、結果的に語気は荒く表情は険しくなり、ビビられてしまいます。怒っているわけではなく、必死に伝えようとしているのです。思うようにはなかなか伝わりません。

感謝も怒ってるわけではないことも、「お茶」という単語にはなかなか込められません。これって私にとっては、かなりのストレスです。

「謙虚であること」
何をするにも、成功するための前提条件です。

今の自分は、言葉で謙虚さを表現できていません。言葉を出せないことによって、自分が偏屈になっていくのが、たまらなく嫌です。これは私の今後の人生にとって大問題です。しかし言葉無くとも、謙虚さを表現することは、やってやれないことはないはずです。

ALS 協会会長の岡部さんは、気管切開により声を失い、表情筋もほぼ動きません。それゆえ、会話は口文字で行います。自分の声も表情もない状態です。しかしなが ら、口文字から岡部さんの謙虚で誠実な人柄が、十分伝わってきます。どれだけ自己研鑽すればたどり着けるのかわかりませんが、目指そうと思います。

人柄がにじみ出る男になりたい!ALSは関係ありません。

株式会社まんまる笑店
代表取締役社長
恩田聖敬
onda0510@icloud.com(直通)

オフィシャルサイト
https://ondasatoshi.com

Facebook
https://www.facebook.com/onda0510

Twiter
https://twitter.com/onda_satoshi

ブログ
http://blog.livedoor.jp/onda0510/

恩田聖敬が社長を務める
株式会社まんまる笑店ホームページ
https://ondasatoshi.com/company/


この記事は、株式会社まんまる笑店代表取締役社長、恩田聖敬氏(岐阜フットボールクラブ前社長)のブログ「片道切符社長のその後の目的地は? 」2016年12月22日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
恩田 聖敬
株式会社まんまる笑店代表取締役社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑