【映画評】ネオン・デーモン

2017年01月14日 06:00
Neon Demon [Blu-ray]

モデルを夢見て、田舎から大都会ロサンゼルスにやってきた16歳の美しい少女ジェシー。すぐにモデル事務所と契約し、チャンスを手にしたジェシーは、一流カメラマンやデザイナーを魅了するようになる。だが、ライバルたちは異常なまでの嫉妬でジェシーを引きずり降ろそうとする。やがて自らの激しい野心に目覚めたジェシーは、ファッション業界の裏側に渦巻く邪悪な毒に染まっていく…。

田舎から出てきた純真な美少女が弱肉強食のファッション業界で自らの闇に目覚め、のしあがっていく「ネオン・デーモン」。物語の大筋をこう説明すると、ポール・バーホーベン監督の「ショーガール」を連想しそうだが、本作の監督は「ドライヴ」「オンリー・ゴット」で観客を驚かせてきたデンマーク出身の鬼才ニコラス・ウィンディング・レフンだ。単純なサクセス・ストーリーで終わるはずがない。美を競うモデル業界を背景に描かれるのは、嫉妬と狂気。人間の価値は、外見の美にあるときっぱり言い切るセリフがあるが、美のためなら命さえも惜しまないファッション業界ならば、当然の“常識”だろう。

悪趣味スレスレの幻想的でエキセントリックな映像や、ヒロインの激変、彼女がたどる驚愕の運命など、すべてが過剰で強烈だ。「マレフィセント」のエル・ファニングが最高にハマっていて、ピュアな美少女がダークサイドに堕ちていく過程も、とらえどころのない繊細な演技をみせて、説得力がある。この危険な映画こそ、デーモン(悪魔)の化身。メイク係のジェナ・マローン、モーテルの管理人のキアヌ・リーヴスらの怪演も見逃せない。好き嫌い、賛否両論、大いに結構と言わんばかりに、堂々と観客を挑発する異色作だ。

【60点】
(原題「THE NEON DEMON」)
(米・デンマーク・仏/ニコラス・ウィンディング・レフン監督/エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、他)
(エキセントリック度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年1月13日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑