有人機とドローンは共存できるか⁉︎

2017年01月14日 06:00

昨年12月、天草市、東大、ANAがドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結しました。

防災、観光、水産業分野におけるドローンの活用だけではなく、天草空港があるという立地特性をいかし、有人機(ヘリコプター)と無人機(ドローン)の共存を図るのが、今回の目玉。

ドローン①

IMG_2793

長島大陸においても、ドローンは、
●赤潮の把握・予測
●水中カメラとしてブリの成長状況の管理
●観光、PR動画の作成
●行方不明者の捜索

などさまざまな分野で応用できる可能性があります。そして、都市部と異なり人口密度が小さいエリアですので、大胆に実証実験を行うことも可能です。

さまざまな機関と連携しながら、長島大陸でもドローンの活用を進めていきたいです。

<もっと知りたい!天草>
見るだけで美味しい!蛇の目寿司(天草)
天草の全室露天風呂付旅館「石山離宮・五足のくつ」

4eb2faa6[2]

<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html


編集部より:この記事は、鹿児島県長島町副町長、井上貴至氏のブログ 2017年1月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『「長島大陸」地方創生物語~井上貴至の地域づくりは楽しい~』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
鹿児島県長島町副町長(総務省から出向)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑