「本を書きたい」という人がまずやるべきこと

2017年01月16日 12:30

image573

本が売れなくなったと言われていますが、本を出版することは今でもパーソナル・ブランディングに圧倒的な力を発揮します。だから、起業しようとかこれから新しいビジネスを拡大しようという人には著者になることを強く薦めています。

といっても本を書くハードルは低くはありません。私が最初の本を書いたのは12年前ですが、当時は企画書を出版社の編集者に見せて、片っ端から断われ続けました。最初はかなり凹んだものです。しかし、1冊目のハードルを越えると2冊目、3冊目は実績次第です。知名度の無い人が、そんな最初の1冊を世に送り出すには大きなエネルギーが必要です。

1冊目の企画が受け入れられるためには、何か1つ突き抜けた体験や実績が必要です。

例えばSHINOBY`S BAR 銀座で定期的にセミナーを開催している日本財託の天田浩平氏は、ワンルームマンション販売日本一という突き抜けた実績がありました。実績ゼロからどうやって日本一の営業マンになったのか。その方法を本にすれば、読者が読みたいはずだと思い、編集者を紹介し、書籍化しました。

体験や実績は、販売実績のように数値化できないものでも構いません。学生時代の強烈な体験、奇妙な会社で仕事をした経験、信じられないようなプライベートな事件・・・。ポイントは「人と違う」ということです。

そんな体験すらないと言う人でも諦める必要はありません。誰にも必ず「人と違う」ところがあるからです。普通の会社で仕事をしている普通の人であっても、必ずそこにその人にしかない経験や視点が生まれてくるものです。

突き抜けた体験や経験がないけど本を書きたいという相談を良く受けます。その時にアドバイスしているのは、とにかくまずアウトプットをはじめることです。私も1997年からもう20年ブログ(ホームページ)を更新してきましたが、アウトプットをしているうちに「人と違う」点に自分で気が付く時がやってきます。

書くことが無いと思うかもしれませんが、だったら最初は日記でも良いのです。諦めずに工夫しながら継続することで、どこかで大きな変化がきます。

私の周りを少し見渡しただけでも、本を書いたら面白いのにと思う魅力的な人がたくさんいます。今年はそんな人たちのセルフブランディングのお手伝いもやってみようと思っています。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 資産デザイン研究所のセミナーやイベントの最新情報はセミナー最新情報でご案内しています。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年1月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑