【映画評】雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

2017年02月21日 06:00

エリート銀行員ディヴィスは、富も社会的地位も手に入れ何不自由ない人生を送っていた。だがいつも通り仕事へ向かう朝、突然事故に遭い、妻が他界してしまう。ところがディヴィスは妻が死んだというのに、涙どころか悲しみの感情も感じない。自分はいったいどうしてしまったのか。彼は義父であり会社のボスでもあるフィルのある言葉をきっかけに、パソコンや冷蔵庫、会社のトイレまで、身近なものを次々に壊し始める…。

妻を亡くしたのに悲しみを感じない男が、自分の周りのものを破壊することで再生への道を探る人間ドラマ「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」。妻の死を悲しめない男という設定は西川美和監督の「永い言い訳」とよく似ている。だが、本作の主人公ディヴィスは、それまで無自覚だっただけに自分自身の空虚さを自覚した時のショックは計り知れない。人間性を取り戻すための行為が、物理的な破壊というのもまた興味深い。破壊行為は、義父の「心の修理も車の修理と同じこと。まず解体し隅々まで点検して組み立て直すんだ」との言葉がきっかけだ。一方で、シングルマザーとその問題児の息子との出会いからも、少しずつ人生を取り戻していくことになる。

「ナイトクローラー」以降、狂気をはらんだ人物を演じて抜群の上手さを見せるジェイク・ギレンホールが、本作でも、ひたすらモノを“ぶっ壊す”ことで、同時に自分の心を一度壊して再構築する現代人を怪演している。風変わりな邦題は、どこかふんわりとした詩のような雰囲気だが、原題はストレートに“破壊、解体”の意味。主人公が次々にモノを破壊しいったいこの男はどうなってしまうのか…と心配になるのと同様、この物語がどう決着するのかがなかなか読めないので、ある意味、スリリングだ。そして、今まで知らなかった事実を知ってはじめて感じた妻への思いや、自分がいったい何を求めているのかが、ラストに明かされるとき、自己修復という“旅”が終わる。味わいのある作品だが、内容が伝わりにくい邦題がちょっと惜しい。
【65点】
(原題「DEMOLITON」)
(アメリカ/ジャン=マルク・ヴァレ監督/ディヴィス: ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、他)
(再生度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年2月20日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑