新日鐵住金、買収防衛きっかけに統合 合理化で体質強化、攻めのM&Aへ

2017年02月25日 10:00
画像はイメージです

画像はイメージです

新日鐵住金<5401>がM&Aによる規模拡大の機会をにらみながら、高付加価値の鋼材とコスト競争力に磨きをかけている。2012年10月の新日本製鉄・住友金属工業の統合後、合理化効果は年1,400億円を超える。海外勢が市況不況に苦戦する中、トヨタ自動車など優良な顧客を持ち、円安が中国製の安価な鋼材の国内流入に歯止めをかけていることも有利に働いている。2017年2月には日新製鋼の子会社化を目的にTOB(株式公開買付け)も開始。競争力の強化とさらなる規模拡大を狙う。

【企業概要】世界2位の鉄鋼メーカー

新日鐵住金は、製鉄事業を中心に、エンジニアリング事業、化学事業、新素材事業、システムソリューション事業など幅広い事業を世界で展開している。特に主力の製鉄事業は、厚板や薄板、棒鋼・線材、建材、鋼管、交通産機品など、高い技術力と規模を誇る。グループ各社が製鉄事業で培った技術力を発揮することでグループ総合力NO.1を目標に掲げる。

同社は戦前、官営八幡製鉄所として1901年に操業開始し、1950年に八幡製鉄株式会社が発足された。そして、1970年に八幡製鐵と富士製鐵が合併し、商号を新日本製鉄に変更。さらにその後、2012年(平成24年)に住友金属工業と合併し商号を新日鐵住金株式会社に変更し現在に至る(出所:新日鐵住金HP「歴史・沿革」より)。

国内の鉄鋼メーカーでは、2002年に日本鋼管と川崎製鉄が統合しJFEスチールが誕生している。同社の統合は、高炉の統廃合や経営の効率化、規模の拡大、存在感や競争力を向上させ、様々な場面で優位性を確保するという目的によるものである。新日鐵住金も同様の目的で2012年に統合したが、JFEスチールと異なっていた点は、合併した企業同士の得意分野が異なっており、お互いの得意分野を活かす事でシナジー効果を生み出そうとした点である。その結果、統合後のJFEスチールが積極的な戦略を打ち出せないのに対し、同社は業績を拡大し、世界トップのアルセロール・ミタルに次ぐ世界2 位(2016年現在)の巨大鉄鋼メーカーとなっている。

同社グループは、2016年3月期において売上高約4兆9千億円、営業利益約1670億円、従業員数84,837人、連結子会社339社並びに103社の持分法適用関連会社で構成(出所:新日鐵住金HP「決算短信」より)されている。

【経営陣】新日鉄出身者で構成

新日鐵住金の代表取締役は会長から副社長まで8名で構成され、うち7名が新日本製鉄出身者である。会長である宗岡正二氏(70歳)は、全日本柔道連盟の会長でもある。新日鐵住金の前身である新日本製鉄に第1期生として入社し、2008年4月より三村明夫前社長(現相談役)より社長職を引き継いでいる。社長である進藤孝生氏(67歳)は、1973年に新日本製鉄に入社以来、様々な工場、部署、役職を経て2014年4月に社長に就任している生え抜きの社長である。社長以下、大半の役員は新日鐵住金前身の新日本製鉄、若しくは住友金属工業出身者で占められ、社外取締役も元国鉄出身者や外務省出身者と異業種の出身者はほぼいないという構成になっている。

【株主構成】金融機関と保険会社が上位に

2016年3月末時点の株主構成を見ると、1位から10位まで6位の住友商事を除き、ほとんどが金融機関と保険会社で占められている。元々、日本の大企業は取引銀行との株式の持ち合いを行っていたことから、その慣習が残っているものと思われる。

ただし、鉄鋼業界特有の株式の持ち合いというものも存在しており、上位株主には記載されない1%未満の株式の保有を複数の鉄鋼会社や海運会社が保有している。

【M&A戦略】海外勢の買収劇が再編を促す

2006年、ルクセンブルクのアルセロールとオランダのミッタル・スチールの経営統合によって世界最大の鉄鋼メーカーが誕生した。同社は年間粗鋼生産量で世界シェアの約10%を占め、当時の新日本製鉄の3倍以上の規模を誇った。この海外鉄鋼メーカーの買収劇により、優れた技術を持つ日本の鉄鋼大手も敵対的買収の標的になるのではないかと懸念が広がった。

これまで鉄鋼業界では、各国で政府が殖産興業策としてリーダーとなる企業を育成し、国・地域ごとにすみ分ける構図が出来上がっていた。しかし、これを一変させたのが今回アルセロールに敵対的買収を仕掛けたミッタル・スチールだった。創業者のラクシュミ・ミッタル氏はインドの行商人の一家の出身で、資金力にモノをいわせて買収を繰り返しトップに上り詰めた人物だった。そういったやり方を懸念し、日本の鉄鋼業界ではミッタルが次に狙うのは日本・アジアの企業ではないかと戦々恐々とした。これを受け、新日本製鉄は2006年以降、他社との提携関係を深め、特に、後に統合する住友金属工業や神戸製鋼所とは複数回に渡り株式持ち合い等提携関係を拡大させている。

リーマンショックを経て、2012年になると新日本製鉄と住友金属工業は経営統合を行った。アルセロール・ミッタルからの買収防衛が今回の統合の心理的な背景になったことは間違いないが、リーマンショックを経た中で、それは本質的な理由ではなくなり、世界景気の減速や円高の長期化、顧客の海外鋼材シフトなど経営環境が厳しさを増した中での成長戦略を目的としたものだった。

新日本製鉄と住友金属工業は共に異なる分野を得意としており、お互いの得意分野を伸ばしつつコスト削減や資産圧縮を図るということが統合した大きな目的である。例えば、技術的には新日本製鉄は特に自動車用鋼板で世界最高水準の技術力を持ち、住友金属工業はシームレスパイプや交通産機品(鉄道車輪、クラクシャフト等)で世界有数の技術を有しており、両社が技術優位性を発揮できる点は相互補完の関係にある。更に、今後新興国においては、自動車生産の拡大や鉄道インフラの敷設等で需要の伸びが見込まれ、こうした分野での技術優位性が、販売数量の増加につながり、規模の拡大にも貢献すると期待されている。

2012年の新日本製鉄と住友金属工業の統合は、アルセロール・ミッタルからの買収防衛ということがきっかけとなった統合ではあるものの、結果として技術的にも相互補完関係にあり、中国をはじめとする新興国の鉄鋼メーカーが台頭する中で、生き残りを掛けた必然的な統合だったとも考えられる。再編が現在も続く鉄鋼業界の中で、技術的にもコスト削減という面でも成功したM&Aの一つと言えるのではないかと思われる。

(ロイター通信「世界の鉄鋼メーカー別の粗鋼生産量」(http://jp.reuters.com/article/idJPnTK311340120070327),

(ロイター通信「世界の鉄鋼メーカー別の粗鋼生産量」(http://jp.reuters.com/article/idJPnTK311340120070327),

SBクリエイティブ(株)ビジネス+IT「鉄鋼業界の世界ランキング2016:再編が加速、新日鉄やJFEは欧米や中国に勝てるのか」(http://www.sbbit.jp/article/cont1/32197)を基に作成)

SBクリエイティブ(株)ビジネス+IT「鉄鋼業界の世界ランキング2016:再編が加速、新日鉄やJFEは欧米や中国に勝てるのか」(http://www.sbbit.jp/article/cont1/32197)を基に作成)

【財務内容】統合による効率化は道半ば、利益率低く

新日本製鐵と住友金属工業の業績推移を見ると、リーマンショック前までは両社共に堅調に売上、利益を計上していることが分かる。特に住友金属工業の利益率は新日本製鐵を上回っており、2008年までのROEは20%前後で推移している。両社の自己資本比率は共に30%から40%の間で推移しており低位での推移となっている。

2009年3月期決算以後のリーマンショックや欧州債務危機の影響が出はじめると、両社共に急速に経営状況も悪化している。特に2010年3月期は両社共に最終赤字を計上しており、世界的にもこれまで右肩上がりだった鉄鋼や自動車にも成長が鈍化するといった状況となった。

(新日鐵住金HP:IRライブラリ「決算情報」を基に作成)

(新日鐵住金HP:IRライブラリ「決算情報」を基に作成)

リーマンショックや欧州債務危機を経て、2012年に新日本製鉄と住友金属工業は統合し、コスト削減と共に資産の圧縮を目標に掲げてきた。統合効果は予想以上に早い段階で進み、新日鐵住金が2015年秋の達成をめどに進めてきた3千億円の資産圧縮計画が、1年半前倒しの2014年3月末に完了するなど予想を上回るシナジー効果を発揮した。また、アベノミクスによる円安・株高も追い風となり、保有株の売却が順調に進み、グループ全体で徹底している資金効率の改善も寄与した。株式の売却などで得た資金で有利子負債の削減も進み、課題だった資産のリストラも早期に目途が付いた。また、合併後の業績推移を見ると、2013年こそ赤字となっているものの、2014年以降、黒字化が定着している。しかし、課題としてはライバル企業よりも利益率が低いことが上げられる。

利益率のベンチマークとしている、韓国ポスコは四半期ベースで5%前後の営業利益率を保っている。直近2016年(7~9月期)の新日鐵住金の3.7%より効率性や安定性で一歩先を行っている。両社ともに自動車向けの高級鋼板が得意で母国市場の基盤は強い。鋼材市況の低迷を映し、両社のPBR(株価純資産倍率)は解散価値を示す1倍を割り、新日鉄も約0.8倍と低迷が続く。中期経営計画で掲げている3年で海外利益を500億円上積みするという目標は早くも難しい状況となっており、規模拡大の機会をにらみながら、高付加価値の鋼材とコスト競争力に磨きをかける必要がある。

【株価】世界景気回復期待で持ち直し

株価は2015年6月に3500円近くまで上昇した後、長らく低迷が続いた。中国経済の減速を背景に鋼材市況が悪化したことが重荷となっている。その後、2016年末ごろから世界景気の回復期待が高まったことで株価は上昇に転じた。2017年2月に日新製鋼へのTOB(株式公開買付け)の開始、SUMCOの一部株式売却とそれに伴う持ち分法投資損益の増加による2017年3月期純利益予想の上方修正を発表。選択と集中を加速する姿勢を鮮明にしたことも株価の支援材料になっているようだ。

今期の予想PER(株価収益率)は31倍とJFEホールディングス(約25倍)と比べて高い。JFEと比べて株価に割安感はない半面、新日鐵住金の相対的な競争優位性が反映されているとの見方もできそうだ。

【将来展望】苦境の海外勢、攻めのM&Aの好機

鉄鋼業界は中国経済の急減速によって鋼材需給が世界的に緩み、海外メーカーは軒並み赤字の状況である。そうした中、一時は買収の脅威となった世界トップのアルセロール・ミッタルは、2015年12月期に約9千億円の最終赤字を計上した。新日鐵住金がコスト競争力でベンチマークするポスコ(韓国)も、同じく約90億円の最終赤字となった。ポスコに至っては創業来初の赤字転落であった。中国の大半のメーカーもそろって大赤字となり、米国最大のUSスチール、インドのタタ・スチールなども赤字からなかなか抜け出せていない状況である。

これらの企業は、工場閉鎖や人員削減といった合理化に、資産の切り売りなど、立て直しに悪戦苦闘しており、特にアルセロール・ミッタルは、圧倒的な存在だったかつてが今や、トップのミッタル一族が私財を投げ打ってまで財務再建に取り組まなければならないほど、立場は逆転している。リーマンショック前の好景気だった頃に、海外メーカーは鉄鉱石や石炭などの原料権益に積極的に資金を投じた。これが昨今の資源安で仇となり、多額の減損損失を計上したためである。また、規模拡大で多くの製鉄所を買収した結果、能力が過剰となり、需給が緩んだ今になって大規模な合理化に追われている。

新日本製鉄と住友金属工業が経営統合し、両社の高炉を1本ずつ止めることを決めたように、一足先に合理化に着手し統合効果を1千億円単位で創出していった。日本の鉄鋼メーカーは新日鐵住金をはじめ、好況に浮かれず合理化を進めた。これらの措置と従来の高付加価値商品戦略が奏功し、競争優位につながったと言える。こうした状況から、市場では新日鐵住金にとって今がM&Aの最大のチャンスではないかという声も上がった。

それが顕在化したのが日新製鋼の子会社化の発表だった。更に、前後して同じ日の午前中、フランスの鋼管メーカー・バローレックに15%まで追加出資し、17年度中に持ち分法適用会社化すると発表した。バローレックは油井管に使うシームレス鋼管やそれをつなぐ特殊継手で高い技術を持つ。ところが、昨今の原油安で油田や天然ガス田の開発がストップ。そこに使われる油井管や継手が売れなくなり、ついには運転資金が底をついた。フランス政府が支援に入り、そこに新日鐵住金も資金の出し手として加わったのである。

ステンレスが柱の日新製鋼は、ステンレス原料であるニッケルの市況悪化で多額の在庫評価損を計上。業績悪化の大きな要因になっている。つまり、資源安でダメージを受けているという点ではバローレックと共通する。そして出資によってグループ化し、さらに一方の高炉を休止して固定費を抑えるという手法も同じだ。それこそ、旧新日鉄と旧住金の統合に伴い、高炉2基を休止し、合理化効果を上げようという施策につながる。

新日鐵住金は海外メーカーよりも優位な状況にある今、それを好機と捉えこれまで以上に大胆なM&Aを仕掛けようとしている。それも、資産のリストラと経営の効率化、規模の拡大ということを同時に行える状況を生み出すM&Aが期待される。為替、資源価格、輸送費、供給量等、複雑な要素が絡む鉄鋼業界の中で、次を読む力がこれまで以上に求められ、新日鐵住金がそれをリードできる存在と成り得るか今後の戦略に注目したい。

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

文:M&A Online編集部


アゴラ編集部より:この記事は「M&A Online」2017年2月21日のエントリーより転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑