総裁任期の延長決定も、決して順風満帆とは言えぬ自民党

2017年03月06日 06:00

自民党大会ゲストの原晋・青学大陸上部監督、卓球の福原愛選手らと手を振る安倍総裁(自民党サイトより引用:編集部)

既に潮目が変わったんじゃないかしら、と思っている。

最近の世論調査はよく当たるから、まずは最新の世論調査の結果を待たなければならないが、多分自民党の中でも何か変だぞ、空気が変わったぞ、と思っておられる人がそれなりにおられるのではないだろうか。

党大会が如何にも盛り上がっていたようなニュースが流れてきているが、決して安穏としていられない状況だろうと思う。本日の参議院予算委員会の審議に注目すべきだろう。

新たな事実がどこからも飛び出してこなければ粛々と審議が進むだろうが、森友学園に対する国有地払い下げの問題についてはいつまたどんな事実が飛び出してくるか分からないような状況である。
予算委員会はどうにか乗り切ったとしても、他の委員会で火が点きそうだ。

テロ等準備罪法案が吹き飛びそうな予感がしている。

石破さんでさえなんか変だよ、と言わざるを得ない状況なんだから、なんか変だよという一般の国民の思いは募る一方だろう。いずれは公明党の方からも参考人招致の話が出てくるようになる。

世論に敏感な人たちは、臭い物に蓋をするような動きには加担できないものである。
いずれは自民党の執行部もそれなりの意思表示をしなければならなくなる。

総裁任期の延長のための党則改正は実現したが、だからと言って安倍総理・総裁の足元が固まったわけではない。むしろ危うくなったのではないかしら、というのが私の観測である。

参議院予算委員長の山本一太氏は世論の変化に敏感な人だから、微妙な空気の変化を感得しているはずである。

何か変だよ。

その意味合いは人によって大分違うだろうが、確かに何か変だ。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年3月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑