【映画評】マン・ダウン 戦士の約束

2017年03月08日 06:00
Man Down [Blu-ray] [Import]

アメリカ軍海兵隊員ガブリエルは、故郷に妻ナタリーと幼い息子ジョナサンをおいて、アフガニスタンの戦場へ赴く。妻子との再会だけを心の支えに過酷な任務をやり遂げたガブリエルは、ようやく帰還することに。だが、戻ってみると故郷は荒廃し住民たちの姿もなかった。驚いたガブリエルは、一緒に帰還した友人デビンと共に、妻子の行方を探すが…。

アフガニスタンからの帰還兵が荒廃した故郷をさ迷う異色の戦争映画「マン・ダウン 戦士の約束」。戦争などの過酷な体験によって精神が崩壊するPTSD(心的外傷後ストレス障害)は、米映画以外でも映画化されているが、とりわけ米軍帰還兵のPTSDは深刻である。近年では、実在の人物を扱った秀作「アメリカン・スナイパー」が記憶に新しい。「マイ・ブラザー」(デンマーク映画「ある愛の風景」のハリウッドリメイク)、「告発のとき」、少し古いが「タクシードライバー」なども思い浮かぶ。本作は、主人公ガブリエルがたどってきた現実と妄想が混濁しているのがユニークだ。そのすさんだ心象風景によって、観客はPTSDという病の恐ろしさを擬似体験する。一種のミステリー仕立てになっているので、詳細は明かさないが、親しい人の裏切りと戦場での理不尽な現実によって心を破壊されたガブリエルを待つ運命が、あまりにも哀しい。少々メロドラマに傾くのが気になるが、国家が国民を戦場へ送り込んだあげく人間性を破壊する大罪を、ディストピアのような映像が何よりも雄弁に物語っている。主人公を演じるシャイア・ラブーフは、最近ではもっぱらゴシップばかりが話題になっていたが、久しぶりの熱演だった。帰還兵の5人に1人がPTSD。20万人がホームレスで苦しんでいる。1日に約22人の人間が自殺を図る。ラストに流れるこれらのテロップに心が痛む。
【60点】
(原題「MAN DOWN」)
(アメリカ/ディート・モンティエル監督/シャイア・ラブーフ、ケイト・マーラ、ジェイ・コートニー、他)
(不条理度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年3月7日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページより)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑