危険を承知でも日本はトランプを支持するべき

2017年04月15日 06:00

首相官邸サイトより(編集部)

ミヤネ屋をみてたら、媚朝派ともいえないコメンテーターたちが、アメリカが行動を起こさないかばかり心配していたが、いま、アメリカが北の核実験などを見てもスルーしたら、来年、平和への脅威は減るのか聞きたい。

ありえない。

相対的には、今年、リスクを犯しても、また、犠牲を払っても北の暴走を止めた方が良いという意見に反論できるのだろうか。

私はもともと対北強硬派ではない。金正日ならまだしも話し合いで問題を解決する手がかりはあったし、中国などあてにせずに北と交渉すべきだといってきた。

しかし、金正恩相手には、話し合いするにしても、とりあえず、鼻っ柱を折ってからにするべきで,その意味で、トランプの強硬策に対して日本としてネガティブに反応する理由がない。

本当にアメリカは怖いというのを金正恩が理解しているか疑わしいからだ。

私は、かつて、半島担当課長をい霞ヶ関でしていたが、アメリカも韓国も漢江を防衛線にするしかないといっていた。停戦ラインから雨あられと打ち込まれたら防ぎようがないからだ。

だから、世宗特別市(忠清南道)に首都移転しようとしたのに、ソウルの不動産所有者の圧力で最高裁に止められた。

その時点で、ソウルが火の海になる可能性はかなり高いのは覚悟の上だ。ソウルの人口のうちどれだけが漢江を渡れるかの勝負だ。朝鮮戦争のときは、李承晩が漢江の橋を爆破してたいへんな犠牲者が出たが、そのときより状況がよくなっていることはない。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑