都議選を“応仁の乱”化させないための工夫あれこれ

2017年05月02日 06:00

京都方面では先の大戦と言えば応仁の乱のことだ、などという話を聞いたことがあるが、東京方面では応仁の乱、などと言われてもまず皆さん、ピンと来ないはずだ。

東京都議会議員選挙の後、東京は応仁の乱状態になるのではないか、とアゴラの編集長が危惧されていたが、そういうことはあり得ないので、大丈夫ですよ、と申し上げておく。

何しろ旗頭が、小池さんである。
小池さんが倒れない限りは、都政も都議会もスムーズに回って行くことは明らかだ。
都民ファーストの会の公認候補者が楽な戦いが出来そうにないことは現時点での世論調査のとおりだが、だからと言って自民党の大勝ちになるはずもないことは明らかだ。

現時点で過半数を割り込んでいる自民党が現時点以上に議席を増やす可能性は皆無なのだから、仮に自民党が議席数で第1党になっても、ただそれだけのこと。

かつてのように都議会を牛耳ったり、都政を牛耳ったりすることはない。
ドンは過去の人にならざるを得ないのだから、厳しい選挙戦を勝ち抜いて議席を死守した逞しい自民党の都議会議員の皆さんがかつてのドンの言うとおりに動くとは考えられない。

都議会議員選挙が終われば、安倍総理や二階幹事長と小池さんの間で色々な話し合いが行われるはずである。
既にその兆候はある。戦いを目前にして自民党の都議団の皆さんは益々闘志を燃やしているだろうが、くれぐれも小池さんには矛先を向けない方がいい。

都民ファーストの候補者とは大いに競い合うことだ。
自分にとっても相手にとっても勉強になるはずである。
選挙を通じて人は成長する。
ご自分の魅力を最大限に引き出すよう、懸命に頑張られることである。

相手候補の足を引っ張るだけの選挙戦は、くれぐれもお止めになった方がいい。
豊洲移転を主張されるのは当然だが、だからと言って豊洲移転の決断を先送りしている小池さんを非難するようなこともされない方がいい。

都議会議員選挙が終わったら、自民党の人たちは小池さんと握手したくなる日が早々に来る。

都民ファーストの将来を懸念される方がおられるが、まずご心配無用と申し上げておく。
都民ファーストは、いずれは女性中心、女性主体の地域政党に変貌していく。
小池さんは目下のところ特別顧問という位置付けだが、代表のポジションにいる野田さんはあくまで小池都知事の特別秘書でしかない。

まあ、アウンサンスーティーみたいな存在なのだから、小池さんがいる限り組織の内部にひびが入る虞はない。

応仁の乱とはなかなか見事な発想だったが、東京方面の人にはあまり関係がなさそうである。

ノー・プロブレム。
そう申し上げておく。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年5月1日の記事を転載させていただきました(アイキャッチは都庁サイトより)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑