東洋のマチュピチュ「別子銅山」

2017年05月18日 18:00

別子銅山(新居浜市)を登ってきました。

別子銅山では、江戸から昭和まで約280年の間に、約70万トンの銅を産出。

日本の輸出や近代化を支えました。

IMG_4156

険しい山の中に、住宅はもちろん、小学校・病院・劇場などを建設。まさに、「東洋のマチュピチュ」。非常に神秘的な空間です。

何も持たずに歩くだけでも大変な山道を、鉄道ができるまでは、男性は15キロの銅板を3枚(=45キロ)、女性は2枚(=30枚)背負って歩いたというから驚きです。

IMG_4175

最初の坑道「歓喜坑」

今は中には入れませんが、時代を経てもなお崩れない石積みの正確さに、当時の技術や計算レベルの高さに思いをめぐらせます。

IMG_4174

別子銅山で培われたものは、銅や金属だけではありません。

精錬過程で生じる亜硫酸ガスを処理する高度な技術から「住友化学」が、また、銅山経営に必要な薪炭や木材を調達するため「住友林業」が生まれました。

新しいチャレンジが次代の産業をつくる、ひとつの好事例ではないでしょうか。

一方で、明治・大正時代に急成長した企業の中には、その後経営が行き詰ったところも少なくありません。そうはならなかった住友グループからは、大胆さとともに、慎重さも感じます。そのバランスが優れているのかもしれません。

別子銅山は、一歩一歩山を登りながらさまざまな思考が芽生えてきます。皆様もぜひ一度いかがでしょうか。

4eb2faa6[2]

<井上貴至のプロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68581524.html

<井上貴至の提言>
杯型社会に、求められること
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68619160.html


編集部より:この記事は、愛媛県市町振興課長(総務省から出向)、井上貴至氏のブログ 2017年5月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『「長島大陸」地方創生物語~井上貴至の地域づくりは楽しい~』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑