理性の支配の先にグローバル

2017年05月30日 11:30

グローバル化とか、グローバル人材の育成だとか、本当によくグローバルということがいわれるが、グローバルとは何のことか。英語化というような表層の次元や、企業の多国籍化や自由貿易の拡大というような経済現象の地平を超えて、そこには、何か理念的なものがあるべきではないか。

まず、グローバルは、インターナショナルではない。インターナショナルは、字義通り、国家と国家の関係である。グローバルは、字義通り、地球という超国家の次元である。

近代社会の成立は、国民国家の成立によって画される。以来、今日に至るまで、同じ国家に属する人同士の関係、即ちドメスティックな関係と、異なる国家に属する人同士の関係、即ちインターナショナルな関係とは、本質的に異なるものとなったのである。

ところが、グローバルは、端的に人と人との関係である。日本企業がアメリカの顧客に商品を売るというのは、インターナショナルな発想である。グローバルな発想では、単に一企業が一顧客に商品を売るだけのことにすぎない。グローバル化とは、そうした発想の転換のことでなければならないのである。

グローバルということには、歴史の進歩を、人類の叡智の進展を、理性の創造的な自己展開を内包しているのである。人類の歴史は暴力による支配の歴史である。国民国家の成立は、少なくとも国内における理性の支配を実現するが、かえって戦争という国家間の暴力の行使を正当化させる。

しかし、グローバル化の進展は、国民国家の限界を超えて、最終的には、一つの世界市民社会としての地球の上に、理性の支配を実現するであろう。その日がいかに遠かろうとも、人類が歩む方向が決まっている以上、その日は必ずくるのだ。

アメリカ企業が圧倒的なアメリカ国家の軍事力を背景にして、アメリカ国外の市場へ展開しているとしたら、それは、グローバルではない。アメリカ企業が純粋に事業の合理性のみに基づいて世界展開してこそ、グローバルである。グローバル化とは、そうした力の支配から理性の支配への転換でなければならないのである。

グローバルは、社会哲学の地平にある。

 

森本紀行
HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
HC公式ウェブサイト:fromHC
twitter:nmorimoto_HC
facebook:森本紀行

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑