感染力高し!“差別され菌”‼︎ ①

2017年06月03日 06:00

わたしが12歳の時に、植え付けられた菌がある。その菌は、わたしの人生を大きく変えた。それこそ、根底から。

未だに治癒の見通しはない。その菌を、仮に“差別され菌”と名づける。

「安達祐実がかわいいから殺して」

「オウム王国のアーチャリー“いじめ地獄”を告発!」

「あのアーチャリーが号令した造反信者14人『拉致・監禁』事件!」

「“義務教育拒否”の教祖の娘アーチャリー御殿は千坪、四億円」

「疑った女性も変死 オウム『アーチャリー』と謎の水死事件」

「被害者補償を忘れた麻原三女『アーチャリー』のカナダ大名旅行」

これは、12歳のころから、わたしに関して報道された記事のタイトルの一部だ。普通はあることないこと報道されるのかもしれないけど、わたしの場合は、ないことないこと報道されることが多かった。こんな報道されている人、わたしでも怖い。

怖い人が側にいたら嫌だよね? 同じ学校通いたくないよね? 子どもたちへの影響が心配だよね? え、アーチャリーがまだ12歳だって? 年齢なんて関係ない。差別じゃないよ。だって怖いでしょ? あなた、下手したら殺されるわよ?

こうして、わたしに植え付けられたのが“差別され菌”である。この菌に冒された者は、必ず差別される――。

この菌と闘おうとしたこともある。オウム真理教時代、わたしはあまりにひどい報道に対し、裁判を起こせないかと、荒木浩氏にすがりつく思いで相談をした。荒木氏は当時広報副部長で、マスコミ対応などの責任者だった。でも、荒木氏はわたしが未成年であることを理由に、裁判は起こせないと言った……。

民法によると、未成年者が裁判を起こすなどの法律行為をする場合、法定代理人の同意が必要だそうだ。この法定代理人とは、要するに親のこと。親がいない場合は、裁判所が決めた後見人を指す。

なーんだ。母が同意すれば裁判起こせたんじゃないか、と知ったときはショックだった。母とは連絡は取れていたから。

保護者がいなくて、知識がない子供は、自分の身を守ることもできない。そうしている間にも、“差別され菌”はわたしを侵し続けていった。

報道がどれだけいい加減だったか、一例を挙げよう。

確か三女アーチャリー激やせ! みたいな週刊誌の記事が出た。警察が、「アーチャリー」を怒鳴りつけてやった、と書かれている謎の記事。実は当時、激やせしていたのは姉の宇未で、残念ながらわたしではなかった。「あー。それ、わたしだよ。無法な警察の言うことを聞かなかったら、怒鳴りつけてきたんだよ」と宇未。

実は宇未、母と間違われて報道されたこともあった。マスコミは、六児の母と十四歳の少女の見分けもつかずに報道していたことになる。当時の報道は本当にひどかった。

『止まった時計』にも書いたが、わたしが泣き寝入りをしている間に、マスコミは「三女アーチャリー」という別のキャラクターを完璧に作り上げてしまった。

最初は「おちゃめ」程度だったのが、段々と、わがまま、凶暴、凶悪とまるで犯罪者のようにキャラに肉付けがされていく。ストーリーを考えるのは、それほど難しくない。既にキャラは立っている。

マスコミがマスコミに影響を与え、その影響を受けたマスコミがストーリーを発展させ、それを読んだマスコミが別の媒体で報道する。その報道にまたマスコミが影響を受け――。

「三女アーチャリー」は、モンスターになった。

一人歩きをはじめた「三女アーチャリー」は止まらない!

日本広しといえど「アーチャリー」と名づけられたのはわたしだけ(多分)。だから、「三女アーチャリー」さんがやったことは、全部わたしがやったことになってしまう。

歩いているだけで通報されるのは、「三女アーチャリー」ではなく、わたし。今から考えれば、「モンスターが町を歩いている!」と危機感を持たれてしまうぐらいの報道がされていたのだろう。

義務教育の就学拒否、大学入学試験の合格後の入学拒否、入居の拒否、アルバイトをクビになることも何度もあった。

生きてちゃいけないって言われても、わたしは生きているんだよ~! 学校行きたいよ。大学行きたいよ。アルバイトしたいよ。働きたいよ~!!

教団にいた頃も、日本社会から拒否されていることは理解していたし、生きていけなくなるかもしれないとは思った。

精神的な意味だけではなく、衣食住がなくなるかもしれないという話はよくあった。でも、教団を離れた後に直面した現実に比べれば、大したことはなかった。

だって、教団にいる間は、わたしが教団の人とお話ししても、お食事しても、教団の人はそれが理由で差別はされないでしょう?

教団を離れたあと、わたしは“差別され菌”の威力を思い知ることになる。何と、この菌はわたしを人間扱いしたり、善意を持ってくれた人に、感染するのである。

それまで、わたしはこの菌の感染力をよく知らなかった。
悪意なくわたしに関わってくる教団外部の人が、いなかったからだろうか。

何言っているんだ。“差別され菌”? 物語としては面白いけど、差別なんてうつらない。“差別され菌”なんて存在しない!

おそらく多くの方はそう考えるだろう。

しかし、残念ながら、今の日本ではうつるのだ。本当に。

(深刻に書くのもなんだかなと思って、自分の過去なのでギャグ調にしました。笑い飛ばさせてください。ご不快に思われた方は、ごめんなさい。2に続きますー。)


編集部より:この記事は、著述家、カウンセラーの松本麗華氏の公式ブログ「お父さん分かりますか?」 2017年5月23日の記事を転載させていただきました。オリジナルブログでお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑