【映画評】昼顔

2017年06月13日 11:30
映画『昼顔』サウンドトラック

互いに家庭を持つ身でありながら、紗和と北野は激しく惹かれあって一線を越えてしまう。二人の関係が知られ、弁護士を交えて示談が成立し、二人は二度と会わないとの約束のもと別れることとなった。それから3年後、紗和は夫と離婚し、誰も知人がいない海辺の町で一人ひっそりと暮らしていた。ある日、蛍に関する講演で北野が町にやってくる。再会した二人は、互いの気持ちを確かめ合うように逢瀬を重ねるが、二人の前に北野の妻・乃里子が現れる…。

既婚者でありながら激しく惹かれあった男女が再会し再び禁断の恋に落ちる恋愛ドラマ「昼顔」。2014年にテレビドラマで放送され社会現象を起こした「昼顔 平日午後3時の恋人たち」は、平日の昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦を描いて人気を博した。不倫がテーマというと、今の日本では、何かと社会の風当りが強そうだが、許されない恋という設定が人気となり“昼顔妻”なる流行語も生み出している。ドラマでは、不倫はまかりならぬ!ということで無理に引き離された紗和と北野だが、映画では、3年後、再び出会って、抑えきれない想いが再燃し…という、ファンが見たかった“その後”を描いている。紗和と北野、北野の妻の乃里子の3人に絞って物語が進んでいくので、ドラマ未見の観客も比較的わかりやすいだろう。

ただこれ、わざわざ劇場版にする意味があるのだろうか?と首をかしげた。紗和はすでに離婚しており、もはやダブル不倫ではない。いけないとわかっていながら惹かれあう…というなら、もっと覚悟のようなものがあってもいいのだがそれも見受けられず、誰に感情移入していいのやらわからないのだ。終盤に大事件、そしてある秘密が明かされる。これで、ドラマファンは納得するのか、聞いてみたい。何かと消化不良の1本だったが、出演者のやるせない熱演は伝わってきた。健康的なイメージの女優・上戸彩の、新たな面を発見できる。
【50点】
(原題「昼顔」)
(日本/西谷弘監督/上戸彩、斎藤工、伊藤歩、他)
(ドラマファン向け度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年6月12日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑