アゴラ夏合宿2017「いま戦争と憲法を考える」

2017年06月18日 13:00

今年も恒例の「夏合宿」を開催します。テーマは「いま戦争と憲法を考える」。

日本の安全保障体制は、現行憲法制定時と比べ、あまりにも様変わりしました。本来であれば、安倍首相の改憲提起を受けて、国会の論戦をはじめとして、21世紀の現実を見据えた「戦争と平和」、本質的な憲法論議をしなければならないところ、今国会は、森友、加計の“から騒ぎ”で空転してしまいました。

夏合宿では、野党において現実的な安全保障論議を提起してきた前原誠司衆議院議員(元外相)、ジャーナリストの田原総一朗さん、航空自衛隊OBのジャーナリスト潮匡人さん、政治学者の片山杜秀さんらをお招きして、旧来型の“夏の風物詩的な戦争論議”とは一線を画した内容をお届けし、参加者の皆さまとも闊達な議論を交わしたいと思います。

なお、会場は例年の逗子から湯河原に変更になります。

開催概要

開催日:2017年8月5日(土)15時(14時半受付開始)~8月6日(日)午前11時解散

場所:レクトーレ湯河原(TKP湯河原研修センター)
259-0313 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋572-1(地図

JR湯河原駅よりタクシーで5分
8月5日、14時半頃に湯河原駅前より送迎バス手配(お申込み後、メールでご案内します)

定員:30名(申し込み先着順)

主催:アゴラ研究所

参加費(宿泊費、食事つき、消費税込)
54,000円(一般)
50,000円(優待割引価格:7月開講のアゴラ経済塾お申込み済の皆さんに適用します)
30,000円(高校生以下の方は職業欄に学校名をご入力ください)

お申し込みフォームはこちら

プログラム(予定:詳細は後日更新します)

8月5日
15:00〜16:30
第1セッション「小池劇場の後始末:東京から政局は動くか」

パネリスト
川松真一朗(都議会議員)※新たに登壇決定!
宇佐美典也(アゴラ研究所フェロー)
新田哲史(アゴラ編集長)

17:30 夕食

19:00〜21:00
第2セッション「いま戦争と憲法を考える」

パネリスト
田原総一朗(ジャーナリスト)
潮匡人(ジャーナリスト、航空自衛隊OB、アゴラ研究所フェロー)
片山杜秀(政治学者、慶應義塾大学法学部教授)
池田信夫(アゴラ研究所所長)

終了後、懇親会。

8月6日
9:30〜11:00
第3セッション「野党から提起すべき憲法論とは」

パネリスト
前原誠司(衆議院議員、元外相)
池田信夫(アゴラ研究所所長)
新田哲史(アゴラ編集長)

お申し込みフォームはこちら。〆切は8月3日(木)14時です。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑