人生のスランプから抜け出すために、やってきたこと

2017年07月11日 11:30

写真ACより(編集部)

長い人生、誰にもスランプというものがあります。仕事やプライベートで思うようにいかないこと、精神的に落ち込むような出来事、将来に対する不安や絶望・・・。そんなピンチに陥った経験は、私にも当然あります。そんな時、どうやって状況を改善していったらよいのか。自分が試行錯誤して到達した方法をご紹介しようと思います。

1つ目のアプローチとしては、スランプの原因がわかっている場合、それと徹底的に向き合うことです。自分の現状を生み出している要因は何なのか。不安や落ち込み、恐怖といった悪い感情は、得体の知れないものが迫ってくると思うから、心の中でさらに増幅されてしまいます。漠然とした気分ではなく、要因を1つ1つ洗い出して、スランプから脱出するために必要なことを考えていきます。辛い作業かもしれませんが、自分が抱えている問題は全部でこれだけ、と限定できれば、後はそれを1つずつ解決していけば良いと、前向きな気持ちも生まれきます。

現実直視は、自分の問題を限定するのに重要なことです。

1つ目とは真逆のアプローチは、現状を忘れるために、現実から逃避することです。趣味に没頭する、あるいは海外旅行などに出かけて気分をリフレッシュさせる。お酒を飲んだり、自分が好きなレストランで食事をするのも良いかもしれません。日常から離れて、まったく別の非日常の世界に自分を置いてみると、スランプの原因がどうでも良いことのように思えてくることがあるのです。気分が変わり、精神的な重圧を少しでも下げることができれば、そこから立ち上がるきっかけになる気力が沸いてくることもあります。

現実逃避は、自分を客観的に見つめなおすために重要なことです。

2つのアプローチと並行して意識すべきなのは、睡眠と栄養です。精神的にネガティブになっている時というのは、寝不足だったり、食事をしっかり摂っていなかったりして、肉体的にも負荷がかかっていることが多いのです。

特に暑くなってバテやすいこの時期は、睡眠が浅く、食欲も無くなって、肉体的な調子が万全ではない状態になりがちです。健全な精神は健全な肉体に宿るというのは、本当です。

会社経営と同じように、自己管理というのは平常時ではなく危機的な状況にどんな対応ができるかで、将来が大きく変わってきます。スランプを自分が次のステップに大きく羽ばたくための試練の場と前向きに考えてみる。それだけでも、気持ちは随分楽になると思います。

明けない夜は無いし、夜明け前が一番暗いのです。諦める必要はありません。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年7月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

【おしらせ】資産デザイン研究所が、8月26日に開催する第6回「世界の資産運用フェア」で、池田信夫、渡瀬裕哉さんがゲストとして登壇します。詳しくはこちらをご覧ください

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事