スパッと辞めない限り展望が開けない村田蓮舫さん

2017年07月17日 06:00

民進党公式YouTubeより(編集部)

参議院議員を辞めなければならないような事態にはならないと思うが、この際思い切ってスパッと代表を辞めた方がよさそうなのが民進党の村田蓮舫さんである。

これまで「蓮舫」「蓮舫」とご本人の名前だけで書いてきたが、どうもこれがご本人の本名なり戸籍への関心の低下に繋がってしまっていたようだ。普通の人には姓名で呼ぶのに芸名みたいな通り名で呼んでしまったのがご本人を錯覚させてしまったのだろう。

いくら美人だろうが、いくら有名人だろうが、いつまでもタレント扱いをしていたのがいけない。村田蓮舫が本名なら、やはり本名で通させるべきだった。

二重国籍問題はやはり国を左右する重要問題の一つだから、問題を抱えているご本人をそのまま公党の代表に選んで問題を抱えていることに一切口を拭って黙っていることがいけなかった。

民進党の今日の凋落の責任の一端に村田蓮舫さんの二重国籍問題があることは間違いない。

いくら民進党の皆さんが綺麗ごとを言っても、肝心の代表が隠し事をしているように思われたのでは、まず民進党に対する国民の信用は戻ってこない、と言うべきだろう。

民進党の中から解党論や分党論が湧き起こってくるのは自然のことで、今の時点になっても内部から何の声も上がらなければ民進党の皆さんには良識や常識がないのかしら、ということになってしまう。

かつて自民党の中で河野太郎氏が二重国籍問題の重要性について指摘し、現行法制上の運用上の問題点についての是正策を指摘したことがあるのだが、自民党の中では問題の余りの大きさに驚いてそっと蓋を閉じて知らぬふりをしてしまったことがある。

気が付いたのは、私を含めてほんの一握りの自民党の国会議員だったろうと思う。
今となっては、あれが拙かったかな、反省しないでもない。

オーストラリアでは二重国籍が判明して国会議員が辞職したそうだ。
憲法の明文で国会議員の二重国籍を禁止しているそうだから、憲法や法律の規定を遵守すべき国会議員としては当然の措置である。

議員在職中の報酬の返還まで議論になってきている、というのだから、いずれは日本でも大きな問題になってくる可能性が大きい。

自民党の安倍総理も難しい問題を抱えているが、現時点に限れば民進党の村田蓮舫さんが抱えている爆弾の方が大きい。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年7月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑