携帯の機種変更にこれほどストレスを感じるのは私だけ?

2017年07月28日 11:30

ネット証券の創業に参加したこともある私ですが、実はかなりアナログな人間です。スケジュール管理は未だに、システム手帳で手書きですし、携帯電話も、最近数年ぶりに、ようやく新しい機種に買い替えたくらい無頓着です。

今回の携帯の機種変更では、携帯会社も大手からSIMフリーで契約できるようになった格安の会社に換えてみました。しかし、この作業が何とも煩雑で、結局データを完全移行することができませんでした。

機種変更だけなら関係ないことですが、ややこしいのが、電話番号の移行の手続きです。今使っている携帯会社の店舗で手続きしようを思って、近くのお店に電話をすると、どうやら電話だけで切り替えの手続きができるということがわかりました。MNP(ナンバーポータビリティ)番号というのを聞いて、有効期限を教えてもらいます。

次に、新しい端末の入手です。アップルストアから購入しました。さらに格安携帯のSIMカードもネットから購入。これも、SIMが最初から送られて来るのではなく、エントリーパッケージというのが入っていて、サイトから申し込みが必要です。この手続きに、MNP番号や有効期限の入力が必要だと知りました。さらに免許証の写真などもアップして本人確認します。

数日後に送られてきたSIMカードを携帯の端末に入れて、バックアップしておいたデータを取り込んだのですが、携帯の電話帳とLINEのデータがなぜか移行できませんでした。原因を調べようと、あちこち電話してみたのですが、結局復元する方法はわからないまま。端末会社なのか、前のキャリア会社なのか、新しいSIMの会社なのか、それともLINEに聞いたら良いのか。原因がわからないので、どこに聞いて良いのかわからない。そんな状態です。

取り敢えず、新しい端末で一通りの作業ができるようになったものの、この携帯の買い替えというのは、私のような人間には非常にストレスがかかるものだということがわかりました。

世の中の多くの人は、これほどややこしいことを、サクサクとこなしているのでしょうか。

携帯の最新機種を頻繁に買い替えるような人たちには、新しい端末を使い始めるのは楽しいことなのかもしれません。しかし私は、今使っている携帯端末を数年後に乗り換え手続きをするのさえ、今から憂鬱な気分です。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年7月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

【おしらせ】資産デザイン研究所が、8月26日に開催する第6回「世界の資産運用フェア」で、池田信夫、渡瀬裕哉さんがゲストとして登壇します。詳しくはこちらをご覧ください

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑