【映画評】トランスフォーマー/最後の騎士王

2017年08月05日 06:00
Transformers: The Last Knight (Music from the Motion Picture)

オートボットの指導者オプティマス・プライムが消息を絶ち、人類とトランスフォーマーの全面戦争が避けられなくなった中、人類は地球を救うためにトランスフォーマーの謎を探ることになる。発明家ケイド・イェーガー、オートボットの新リーダーとなったバンブルビー、謎めいた英国の老貴族バートン卿、オックスフォード大学の女教授ヴィヴィアンらが、チームを組むことに。トランスフォーマーの秘密には、神話のアーサー王伝説が鍵であることが判明する。だが全面戦争を目前に彼らの前に立ちふさがったのは、長年共闘してきたオプティマス・プライムだった…。

世界中で大ヒットを記録するSFアクション大作“トランスフォーマー・シリーズ”の最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王」。地球滅亡が迫る中、人類とトランスフォーマーが共闘して危機に立ち向かう姿を描く。本作では、歴史の転換期に深くかかわってきたトランスフォーマーの謎の他、トランスフォーマーの故郷であるサイバトロン星の滅亡の危機や、金属生命体の創造主などが登場し、惑星まるごとの存亡がかかる大規模バトルは、今までの侵略戦争は、単なる前哨戦に過ぎなかったのだと思うほどだ。

オプティマス・プライムが敵になるという衝撃的な展開だが、それには深い事情が。詳細は映画を見て確かめてもらうとして、今回のウリは、トランスフォーマーと、アーサー王と円卓の騎士の伝説が密接にかかわっているという、突拍子もない設定だ。主な舞台が英国ということもあって、華麗な英国貴族の館や、ストーンヘンジなども登場し、派手なアクションもどこか優雅である。新キャストでは、名優アンソニー・ホプキンスが貫禄を見せる一方で、タフで負けん気が強い少女イザベラを演じるイザベラ・モナーが、いい味を出していた。物語そのものは、最初から最後まで、クライマックス状態の大騒ぎ。見終わった後は、見事に何も残らないのだが、この潔さこそがトランスフォーマーの持ち味だ。破壊王ことマイケル・ベイ監督らしいド派手なVFXの映像を楽しむためにも、できればIMAXでの鑑賞をお勧めしたい。
【60点】
(原題「TRANSFORMERS: THE LAST KNIGHT」)
(アメリカ/マイケル・ベイ監督/マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、アンソニー・ホプキンス、他)
(全面戦争度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年8月4日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑