【映画評】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

2017年08月06日 06:00

海沿いの美しい町、杜王町で暮らす東方仗助(ひがしかたじょうすけ)、通称ジョジョは、見た目はリーゼント姿の不良だが、心優しい高校生。仗助は、警察官の祖父と美人の母と共に穏やかに暮らしていたが、杜王町では奇妙な連続変死事件が起きていた。ある日、仗助の前に現れた空条承太郎から、自分がジョースター家の血を引き、スタンドという超能力を操ること、さらに杜王町と仗助に危険が迫っていることを知らされる。事件が、凶悪な殺人犯アンジェロと、彼を影で操るスタンド保持者の謎の兄弟の犯行であることを知った仗助は、彼らとの戦いに巻き込まれていく…。

スタンドと呼ばれる特殊能力によって家族と町を守ろうと戦う高校生の活躍を描く「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。原作は海外でも高く評価されている荒木飛呂彦の大人気コミックだ。80年代から連載がスタートし、現在も続いている大河ドラマだが、本作で描かれるのは日本が舞台の第4部である。

仗助のスタンドは、触れただけで壊れたものを修復し、他人のけがを治すことができる、最も優しいスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”。仗助の出自や血縁関係、スタンドの意味など、説明部分が多くなってはいるが、とりあえず原作未読の観客にもわかりやすく作られている。仗助のクラスメイトで繊細な康一、凶悪犯アンジェロ、虹村兄弟など、原作でおなじみのキャラクターが登場し、仗助は、警察官として町を守ってきた亡き祖父の意志を継いで、杜王町を守るために立ち上がるというのが大筋だ。

例によって超がつく人気作の実写化に、原作ファンの手厳しい意見が待ち受けるだろうが、キャストの演技は概ね好演で、家族ドラマをしっかりと描いた点が好感が持てる。日本なのにスペインでロケされた、無国籍風の街並も、映画を見始めてしばらくするとすぐに馴染む。

一番の問題は、人気キャラがざっくりとカットされている点で、ここにジョジョ・ファンの不満が集まると予想されるが、タイトルに第一章とあること、さらにラストのその後の、意味深なワンシーンを見れば、次回作には、あの人が登場し、この人が活躍していくれると期待が膨らむはずだ。続編がどういう形になるかは分からないし、物語としてはまだ半分程度を見ただけということになり、現時点では評価が難しい。とりあえず、今まで学園の王子様的な役が多かった山崎賢人が、リーゼント姿で感情むき出しにして戦う姿が新鮮で、彼にとっては新境地と言えるだろう。
【60点】
(原題「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」)
(日本/三池崇史監督/山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、他)
(家族愛度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年8月5日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式YouTubeから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑