不倫なんて結局、好き嫌いでしかコメントできないジャンル

2017年09月10日 11:30

みなさんこんにちは。すっかり秋めいてきましたね。
ところで最近、なんだか有名なセンセイの不倫疑惑が話題になってるみたいです。筆者はワイドショー見ないし他人様の下の話に興味がないのでよくはわかりませんけど、個人的に気になるのは、過去の議員不倫疑惑で高尚な道徳と納税者視点から厳しく批判しておられた意識高い系識者の皆さんが割と大人しい点です。

きっと皆さんお忙しいんでしょう。というわけで、筆者が各論者の心情を忖度しつつ、過去のコメント抜粋して一本の記事にまとめておきましょう。同種の問題なんだから同意見のはずですもんね。

【以下、架空戦記】

作家でタレントの室井佑月は、TOKYO MX「オトナの夜のワイドショー! バラいろダンディ」に出演。件の議員の話を振られ「むかつく」と一喝した。

室井は、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者の事件を上げ「私、清原の話題よりむかつく」と始め、「税金で給与もらってる。私の財布からお金取って行ってるのに不倫している」「税金で身分も生活も保証しているんだから」と税金が無駄になっている行為だと訴えた。

また演出家のテリー伊藤は、先日放送のTBS系「ビビット」で、2人の釈明コメントについて「お互いがお互いをかばい合うような内容」とピシャリ。「一番足りないのは、相手の奥さんへの謝罪なんですよ」と指摘し、「たとえば松居一代さんがこれを見たら激怒しますよ。奥さんの立場から見たら『何をアンタたちかばい合ってるのよ。私の立場はどうなのよ』っていうふうに、松居一代さんだったらFAX破きますよ」と、泥沼離婚騒動渦中にある松居を引き合いに出して私見を述べた。

また、民進党時期幹事長候補の山尾志桜里議員も同番組にて某議員に対し「緩んでるんじゃないか。こっちがため息をつきたいよという感じです」とコメントした。

なお、漫画家の小林よしのりも自身のブログで某議員を痛烈に批判した。

政治家ならば「私」より「公」を優先すべきであること、
国民の税金で活動している身分であることなどを
考えれば、「政治家である前に女よ」という言動は
許されない。
不埒である! 

あ、それから「自分は対象によって論評内容を変えるポジショントーク専門家なんだよ」とか「ていうかそれわたしです」という方はその旨ご連絡ください。即時削除いたします。

参照リンク
http://news.livedoor.com/article/detail/11167999/
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1863419.html
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170907-OHT1T50073.html
https://yoshinori-kobayashi.com/7185/


編集部より:この記事は城繁幸氏のブログ「Joe’s Labo」2017年9月10日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はJoe’s Laboをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
城 繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑