【映画評】三度目の殺人

2017年09月12日 11:30
三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

勝つことにだわる弁護士・重盛は、同僚に頼まれてやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅の弁護を担当する。三隅は解雇された工場の社長を殺害し、死体に火をつけた容疑で起訴されていた。犯行を自供している三隅の死刑は確実なのだが、重盛はなんとか無期懲役に持ち込もうと調査を開始する。だが三隅は会うたびに供述を変え、動機も希薄だった。やがて三隅と、被害者の娘・咲江との接点や咲江の衝撃の告白が明るみに出て、それまでとは異なる事実が浮かび上がってくる…。

勝利にこだわる弁護士が殺人犯との交流で新たな真相にからめとられていく法廷心理サスペンス「三度目の殺人」。ホームドラマのイメージが強い是枝裕和監督だが、本作は、見るものを翻弄するミステリアスな心理サスペンスである。裁判で勝つためには、必ずしも真実や正義は必要ないというのが主人公・重盛のモットーだが、三隅の二転三転する供述に惑わされ、初めて真実が知りたいと切望する。重盛の心の変化はそのまま観客にも伝わるが、物語は単純な謎解きにはなっていない。残酷な殺人、咲江のおぞましい告白、“空っぽの器”であるはずの三隅の底なしの闇は、自信に満ちていた重盛を内部から崩壊させ、真相から遠ざかる。終始、寒々しいトーンの緊迫した映像が、往年のフィルムノワールのようなムードを醸し出しているのも効果的だ。

真相がつかめないまま物語が進んでいき、タイトルの意味さえも、観客に委ねられるこの作品は、ある種の実験映画かもしれない。ただそれでもなお、物語に引きこまれるのは、役者陣の名演に依るところが大きい。特に、福山雅治と所広司の二人が、接見室で向き合うシーンは迫力がある。ガラスで隔てられた二人が、時に探り合い、時に騙し合い、静かなバトルで対峙する様は、大きな見所だ。映画は、人が人を裁くことの意味を問うが、崩壊した家庭と不条理がまかり通る社会が、裁きと真実を遠ざけているような気がしてならない。重苦しい空気に覆われた物語の中で、重盛と三隅の故郷である北海道の雪景色が、一筋の明かりのようにまぶしかった。
【70点】
(原題「三度目の殺人」)
(日本/是枝裕和監督/福山雅治、役所広司、広瀬すず、他)
(藪の中度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年9月11日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑