代表交代の意表:小池新党の広報は“百合子にお任せ”

2017年09月12日 16:30

Wikipedia(編集部)

小池さんほど広報戦略に長けた人はいないんじゃないかしら、と思うくらいに凄い。
こういう方面のことに疎いわけではないが、しかし小池さんと同じようにはとても動けないなと感嘆しながら、小池さんの動きを眺めている。

昨日、小池・若狭・細野会談が開かれたそうだ。
若狭さんが持ち掛けたという話だが、それにしても実にいいタイミングでの三者会談であった。
若干小池新党にアゲインストの風が吹きかけていたので内心ハラハラしながら見ていたのだが、これで一気に流れが変わるはずである。

細野さんが新党設立の主導権を握ってしまうと、細野グループの人は歓迎するだろうが、小池さんも若狭さんも出番がなくなって、小池新党に対しての国民の期待がどうしても萎んでしまうところだった。

小池さんが吹っ切れたようなのが、特にいい。

都民ファーストに対してもアゲンストの風が吹きかけていたのに、大嵐になる前に絶妙な手を打ったように思う。

知事の特別秘書が都民ファーストの代表を務めるのは如何にも拙い、という声があちこちから出ていたのだが、昨日、都民ファーストの代表が野田数氏から都議会議員当選1期の荒木千晴さんに交代したという。

小池さんは、いつも人の意表を突くようなことをする。
普通だとそんなことをするとあちこちから文句が出るのだが、この都民ファーストの代表交代には皆さん、納得されるはずである。

小池さんの思いを素直に都議会に反映する人材として荒木さん以上の人はいない。
なにしろ小池さんと起居を共にしてきた腹心中の腹心で、しかも事務処理能力抜群の人だから、文句の言いようのない人である。

野田さんは選挙を仕切るのには卓越した能力を発揮する人のようだが、どうも政治の表だけでなく裏まで見てきた風があるから、そういう世界とはまったくなじみがない若い人たちとは交じり合えそうにはなかった。

これで、若狭さんが中軸となって進めようとしている国政新党と都民ファーストの協力・協調体制がしっかり構築できるようになるはずだ。7人の侍もこれで動きやすくなる。

小池さんが自ら動き出せば、あっという間に流れを変えることが出来る。
小池新党に対する国民の期待を真摯に受け止め、小池新党の存在感を高めていくためには、どうしても小池さんの力が必要である。

現職の国会議員でない小池さんは、自ら国政新党設立の先頭に立つことは出来ないが、小池新党の広報宣伝並びに組織強化活動は小池百合子にお任せ、というところか。

何にしてもこれはいい。

若狭さんにとっても、輝照塾の皆さんにとってもいい。
多分、細野さんを始め小池新党に合流しようとされている皆さんにとってもいいはずである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年9月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑