【映画評】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

2017年09月20日 06:00
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」オリジナル・サウンドトラック

雑誌編集者コーロキは、“力まないカッコいい大人”奥田民生を崇拝する33歳。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になり、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも仕事に励んでいた。そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女・あかりにひとめぼれする。コーロキは彼女に釣り合う男になろうと必死になるが、空回りばかり。天然で自由奔放なあかりに振り回され続けるコーロキは、いつしか身も心もズタボロになっていく…。

奥田民生に憧れる雑誌編集者が男を狂わせる美女に翻弄され、もがき苦しむ様を描くラブ・コメディー「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」。原作は、漫画家でコラムニストの渋谷直角の人気コミックだ。「モテキ」の大根仁監督の作品は、なぜか雑誌や漫画、写真誌などの編集部を舞台にしたものが多いが、本作もしかり。おしゃれで流行に敏感、ポップな感性やサブカルへの知識など、イマドキ感を散りばめて華やかだが、基本的には、ダメ男の成長物語というテッパンのストーリーだ。うだつのあがらない編集者は、男を翻弄するファム・ファタールに恋したことで自分を見失い、恋愛の地獄を見ることになる。

男たちは、愚かで常軌を逸し、女たちはしたたかでキュートという構図は、確かに面白い。恋愛の歓喜と地獄が人を成長させるというのも、真理だろう。だが、そもそも狂わせガールことあかりは、水原希子でいいのか?!とちょっと首をかしげるのは、私だけ? 好みの問題? 確かにエロくて可愛い小悪魔なのだけれど…。演技力、天然キャラ、コメディーセンスと、すべてにおいて、天才コラムニストを演じる安藤サクラの存在感の方が何倍も強烈だった。奥田民生の楽曲が全編にわたって効果的に流れ、歌詞はなるほど深い。だが、コーロキの奥田民生愛が感じられず、長い長いタイトルも含めて、すべてが表層的な作品になってしまったのが残念だ。
【45点】
(原題「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」)
(日本/大根仁監督/妻夫木聡、水原希子、新井浩文、他)
(ボーイ・ミーツ・ガール度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年9月19日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑