情報通信政策をお貸しします

2017年09月22日 06:30

衆議院選挙が急に行われることになり各政党はマニュフェスト・政策集の作成を急いでいると思います。情報通信政策について困っていることがあれば、下記政策を自由にご利用ください(笑)。

関連規制の改革

シェアリングエコノミーの立ち上がりが各国に比べて遅れているように、現行の規制は情報通信の急速な発展を反映したものになっていません。情報通信の利用に関連した規制を徹底的に見直し、国民の生活を守る必要最小限だけを残し、他は緩和・廃止します。これによって国民も企業もより自由に情報通信を利用できるようになり、21世紀にふさわしい競争力の高い国家が実現します。

共通番号の利用拡大

共通番号の利用範囲を現行の社会保障・税・災害対策の3分野から拡大し、戸籍・不動産登記・健康医療などでも利用するように制度を改革します。利用範囲の拡大は公平公正な社会の実現に役立ち、国民の利便を一層向上し、手続きの無駄を省いて行政を効率化します。また、より有効でより効率的な行政の実現を目指して、ビッグデータ技術を活用した数値に基づく政策評価を徹底します。

高齢者・障害者の社会参加促進

高齢者や障害者による情報通信機器・サービスの利用が妨げられないため、利用を阻む不備の改善を提供側に義務付けるように情報アクセシビリティ法を制定・施行します。これによって高齢者や障害者の社会参加が促進され、社会の活力が増し、多様性を重視した社会が実現します。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑