大阪のことは大阪で、堺のことは堺で決める

2017年09月23日 23:50

いよいよ大阪府の2つの政令市の一つ、堺市の市長選、府議補選及び市議補選が最終日を迎え、明日24日が投票日となります。野党四党の安倍政権に対する攻撃も犯罪容疑者らと結託するなど常軌を逸するものがありましたが、堺市での共産党と大阪の既存政党との共闘も前代未聞の異常な選挙となりました。

報道の通り、堺市長選挙は大阪維新の会公認の永藤英機候補(41)と現職で自民、民進、社民、こころが推薦、共産党が自主支援する竹山修身候補(67)との一騎打ちとなりましたが、選挙戦に参加した印象では、竹山陣営の運動員は共産党一色。住民投票の時と同じ、共産党のデマとの闘いとなりました。

大阪都構想の住民投票でも、大阪市内に消防車が来なくなる、といった冗談みたいなデマが拡散されましたが、今回の堺市長選でも高齢者の足「おでかけ応援バス」が無くなる等のデマが拡散されました。維新候補が水道料金引き下げ、幼児教育無償化とともに同バスの拡充を公約しているにもかかわらずです。

まあ、野党4党が暴力をふるったり嘘をついたりするのは国会で慣れていますが、辻元清美幹事長代行ら極左議員と小池晃書記局長ら共産党議員らが取り仕切る現職陣営に、あろうことか石破茂、中谷元両元大臣が応援に駆け付け、共産党と同じ主張、「赤旗」に書いてあるのと同じ主張を繰り返したことです。

石破氏の選挙区は鳥取1区、中谷氏は高知1区。大阪のことをご存じないのも仕方ありませんが、あろうことか共産党や極左が吹き込んだデマをそのまま繰り返し街頭演説しますか?情けない限りです。まあ安倍官邸にパイプのある大阪維新が憎いのは分かりますが、大阪のことを知らないにもほどがあります。

対照的なのは、大阪出身で現在も大阪在住の百田尚樹さん。18日には「決めた!」「市長選には永藤さんを応援する!」「現職の竹山市長を応援するヤカラは気持ち悪い!」とツイート下さり、昨夜も「本気で大阪と堺をよくしようという維新」に対し、既得権と手を握る竹山陣営を「異常事態」とツイート。

やっぱり大阪のことは大阪人が決めるべきだし、堺のことは堺の市民が決めるべき、当たり前です。鳥取の選挙区でほとんど東京にいる石破氏や高知の中谷氏に大阪のことが分かる訳ありません。彼らが自民党内の権力争いを背景に大阪にまで乗り込んできて「赤旗」の主張を拡散するとは恥ずかしい限りです。

ましてや、全国の共産党員が堺市内に集結して物量作戦で拡散するデマに振り回されるほど大阪府民、堺市民はアホではありません。とにかく竹山陣営と永藤陣営のどちらが真剣なのか。どちらが真っ直ぐなのか。私も最後まで訴えます。「心ある堺市民の皆さん、どうか、一票を大事に!」(百田尚樹氏)と。


編集部より:この記事は、衆議院議員・足立康史氏の公式ブログ 2017年9月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は足立氏のブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
足立 康史
日本維新の会・大阪府第9区支部長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑