【映画評】亜人

2017年10月03日 11:00
映画 亜人 オリジナル・サウンドトラック

2017年、東京。研修医の永井圭は、交通事故で死亡するが、直後に肉体が回復し生き返る。不死身の新人類“亜人”であることが発覚した圭は追われる身となり、亜人研究施設に軟禁されてからは、非人道的な実験のモルモットにされてしまう。そんな圭の前に、人類に牙をむく最凶の亜人テロリスト“佐藤”が現れ、ひとまず助けられる。だが、佐藤が計画する国家転覆計画に共感しなかった圭は、佐藤から敵視されることに。圭は、病気の妹を連れて逃亡しながら、佐藤の計画を阻止しようとする…。

不死身の新人類の終わりなき戦いを描くSFアクション「亜人」。原作は桜井画門による人気コミックで、TVアニメ化もされている。絶対に死なない亜人は、死にたくても死ねない悲劇的な存在だ。亜人であることを受け入れるかどうかで、命をリセットし続けるその後の生き方が大きく変わるというわけである。主人公の圭は、原作ではかなり非情なキャラクターなのだが、映画では見た目はクールでも共感できる部分を多くして好感度を上げている。

本作は、不死身という特性上、自殺、他殺を問わず、リセットしては復活するという繰り返しが多い。従ってバトルはエンドレスに思えるが、そこにはいろいろと裏技が。さらにIBM(インビジブル・ブラック・マター)と呼ばれる“人間には見えない分身的なもの”を使って戦うのが特徴だ。このCGのヴィジュアルとアクション感覚に優れた佐藤健らの生身のアクションとの相性はなかなか良い。ただ、圭が亜人であることを受け入れられない葛藤は薄味だし、意外な人物が亜人で、ある人物を助けている理由も説明不足で、ドラマ部分は全体的に不親切な印象が強い。人間対亜人、亜人対亜人、ループする命、とテーマはかなり深淵なのに、この作品からは深いメッセージ性が感じられなかったのが残念だ。娯楽作「踊る」シリーズの本広克行監督らしいエンタメ系アクション映画と割り切って楽しむべきなのだろう。
【55点】
(原題「亜人」)
(日本/本広克行監督/佐藤健、綾野剛、玉山鉄二、他)
(アクション映画度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年10月2日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑