自民勝利で「改憲へ前進」、米国メディアはこう報道 --- 古森 義久

2017年10月25日 11:30

自民党の衆院選での大勝は、米国でも大々的に報じられた。

その報道を見ていると、米側のメディアや日本専門家の最大の関心は、安倍首相がこの大勝を踏まえて憲法改正をどう進めるかに向けられているようである。この点、自民党が改憲を公約に掲げながら選挙戦ではあまり前面に出さなかった姿勢とは、面白いコントラストを描いているといえるだろう。

米国では、安倍氏の勝利は米国のトランプ政権にとっても力強い支えとなり、対北朝鮮政策に反映されていくという見方も生まれている。

安倍首相の政治手腕を評価

「安倍首相は総選挙で圧倒的多数を確保し、憲法の改正を進めることになる」――。

ワシントン・ポスト(10月23日付)はこんな見出しの記事を大きく掲載した。この記事は、まず今回の選挙結果の意義をこう記す。「与党は圧倒的多数(スーパーマジョリティー)を獲得して、平和主義的な憲法の改正に前進することが可能になった」

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑