座間9人遺体:こうした事件の時に頭が下がる、あの方々

2017年11月02日 11:30

神奈川県座間市の27歳の男のアパートから9人の遺体が発見されました。
事件の発端は東京都の23歳の女性がインターネット上で自殺を仄めかして行方不明となり、警察の捜査でこの男に辿り着きました。

想像するだけでゾッとしますが、今年の8月下旬から9人を順に殺害した後、のこぎりなどで解体・細分化して下水に流し、処分に困った頭はクーラーボックスに入れて保管をしつつそこで暮らしていたというのは、書いているだけで気分が悪くなりますし想像できません。

遺体は8人が女性で1人が男性という情報やその内1人は性別不明ともあり、いずれにしてもこれから身元特定のために様々な鑑定が行われます。

「身元の特定」とか「鑑定」はニュースなどでよく聞きますが、よくよく考え想像してみる大変な仕事でしょう。
動画『中田宏チャンネル(中チャン)』のカメラマンのお父様が警察OBということで、今回お話を伺いました。

-中チャン- 中田宏チャンネル – YouTube

DNA鑑定は以前にテレビドラマにもなった科捜研(科学捜査研究所)で行うが、白骨化した遺体などはスーパーインポーズ法といって頭蓋骨と顔写真を照合して身元を特定するそうです。また、歯で身元を特定するというのも多くあるそうで、歯並びや治療痕で照合して身元を特定させますが、とにかく遺体の口を開けて調べるわけです。

またこの方とは別に実際に携わったことがある歯科医師から聞いた話では、死体は夏には二、三日で腐乱して口内には蛆が湧くが、その湧き方で死後何日かがわかるということで、さらにその奥の歯を鑑定照合して身元を特定するということでしたから、本当に大変な作業でしょう。

こうした警察の捜査に協力をしているのは、全国の歯科大学や地域の歯科医師会の先生方です。
歯科医にも時々、悪徳医師がいたり町中で気楽に見える方もいますが、歯科医師会に属してこうした業務に従事して下さっている先生方は本当に有り難く感謝を申し上げます。

最後に、件のカメラマンお父上によると、川底から上がった頭蓋骨を科捜研が調べてみたら、江戸時代の人物だったなんてことも時にはあるそうです。


編集部より:この記事は、前横浜市長、前衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2017年11月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
前衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑