【映画評】人生はシネマティック!

2017年11月14日 11:30
Their Finest

第2次世界大戦中のロンドン。コピーライター部の秘書だったカトリンは、情報省映画局特別顧問のバックリーから、映画の脚本家としてスカウトされる。仕事は、戦意高揚を目的としたプロパガンダ映画の制作で、フランスのダンケルクから撤退時に、兵士を救出した双子の姉妹の感動秘話を映画化することだった。早速、脚本執筆にとりかかるが、政府や軍部からの横やり、わがままなベテラン俳優や演技力ゼロの新人などに振り回され、脚本は二転三転し、さまざまなトラブルに見舞われる。それでもカトリンは、戦争で足を負傷した夫に代わって家計を支えるため、創意工夫で頑張り続ける。やがて撮影は最終段階を迎えるが、同時に戦況も激しさを増していった…。

執筆経験ゼロの女性が映画の脚本家として奮闘する姿を描くヒューマン・ドラマ「人生はシネマティック!」。ノーラン監督の「ダンケルク」が先に公開されているので、裏ダンケルクのようなイメージで見られているが、本作ではダンケルク撤退作戦の話はあくまでも脇役。働く女性が自立していく成長物語であり、映画製作の内幕を描く映画愛に満ちた爽快な物語なのである。ちょっともどかしいが、ロマンスだってちゃんとあるのだ。戦時下という設定上、むごく悲しい出来事も起こるが、喜怒哀楽のどれもが、とても奥ゆかしいのがいかにも英国風だ。

カトリンが、女性ならではの柔らかい感性で、さまざまなトラブルを解決しながら脚本を書き進め、映画を完成に導くプロセスが何よりも痛快だ。まずは乱雑な部屋をすっきりと片付けて作業の効率化を図る。わがままな老俳優をうまく“ノセて”その気にさせ、米国の参戦を促すためにアメリカ人を出して活躍させろと言われれば、これまた鮮やかなアイデアで実現する。脚本の才能を開花させるカトリンの存在感は映画作りの現場でも増す一方で、平行して、劇中劇の女性がどんどん活躍するようになるのも嬉しかった。コメディタッチの描写で笑わせると同時に、常に戦争の恐怖にさらされていた一般の人々の暮らしにもきちんと寄り添っている。劇中劇がそうであるように、この映画の主人公は、一人の突出したヒーローではなく、市井の、とりわけ普通の女性たちの勇気なのだ。数多くのトラブルや悲劇を乗り越えて出来上がった映画には、どんな状況であろうとも良い作品を作りたいという映画人たちの情熱が感じられて目頭が熱くなった。ヒロインを演じるジェマ・アータートンが好演で、ベテランのビル・ナイもいい味を出している。虚構である映画をなぜ人々は愛し、求めるのか。その答えは本作の中にある。映画を愛し、人生を愛することを教えてくれるこの作品が、たまらなく好きになった。
【75点】
(原題「THEIR FINEST」)
(イギリス/ロネ・シェルフィグ監督/ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ、他)
(映画愛度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年11月13日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑