【映画評】密偵

2017年11月15日 11:30
The Age of Shadows [Blu-ray]

日本統治下の1920年代の朝鮮半島。朝鮮人でありながら日本警察に所属するイ・ジョンチュルは、部長のヒガシから、武装独立運動組織“義烈団(ウィヨルダン)”を監視するよう特命を受ける。義烈団のリーダー、キム・ウジンに接近し、懇意になったジョンチュルだったが、それは義烈団の団長チョン・チェサンが、ジョンチュルを義烈団に引きこむために仕組んだ餌だった。日本警察の中でジョンチュルを見張るライバルや、それぞれの組織に潜入させた情報屋などが流す出所不明の情報が飛び交う中、義烈団は、上海から京城(現ソウル)へ向かう列車に大量の爆薬を運び込むことに成功する。誰が敵で誰が味方か判らない探り合いの状況の中、列車は国境を越えて京城へと向かうが…。

韓国の独立運動をめぐる秘密諜報戦の駆け引きを描く歴史サスペンス・アクション「密偵」。日本警察で働く主人公ジョンチュルは、独立など夢と諦め、権力側についた“売国奴”だが、心の底では愛国心を失っておらず、義烈団の行動や理念を知れば知るほど、ジョンチュルの意識と心情は揺れ動く。一見、日本を悪役にした抗日愛国映画のスタイルだが、時の権力におもねる者、保身に走る者が韓国の側にもいた事実を冷静な視点で盛り込んだ点は、評価したいところだ。裏切りや内通などが繰り返され物語はスリリングに進んでいくが、裏切る側の理由をきちんと描いているので、観客の感情に訴える内容になっている。

ハリウッドにも進出したキム・ジウン監督は、主人公を複雑な内面を抱える人間として描き、戦争が時に人間性を破壊する様や、裏切りや騙し合いの中でも決して奪えない誇りがあることを訴える。思わず目を背けたくなるような残虐な拷問シーンや殺戮シーンもあるのだが、基本は娯楽サスペンスなので、演出はスピーディーだ。名優ソン・ガンホはさすがの名演を見せるし、人気急上昇のコン・ユが、動く密室の列車の中で攻防を繰り広げるシークエンスは、彼が出演した大ヒット映画「新感染」を彷彿とさせる。ジウン監督作品の常連イ・ビョンホンも美味しい役で貫禄たっぷり。1920年代の衣装や家具調度品などが美しく、艶やかで湿度を帯びたダークな映像が歴史ものらしい重厚感を与えている。
【65点】
(原題「THE AGE OF SHADOWS」)
(韓国/キム・ジウン監督/ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、他)
(スパイ映画度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年11月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑