タコ+キムチ=タコキムチ饅頭でない。地域ブランド作りで大切なこと

2017年11月21日 06:00

山本幸三前地方創生担当大臣と記者会見する齊藤氏

日本で2番目にイケメンな副町長・北海道天塩町(てしおまち:人口約3,000人)の斎藤啓輔(さいとうけいすけ)副町長と一緒に、北海道大学で講演しました。

齊藤さんは、「外交官の仕事と、副町長の仕事は似ていると思うんです。外交官というのは、赴任地でありとあらゆる人脈を構築し、それを吸い上げて政策にするのが仕事。副町長になってからも同じです。」と語る異色の副町長。

着任1年余りで、数十の企業などと連携して、雇用創出・交通体系整備などに取り組まれています。

地元の酪農・水産業を振興するために、人気ラーメン「ソラノイロ」や人気割烹「六雁」との連携や東南アジアへの輸出などさまざまなことにチャレンジされているのですが、1番大切なこととして繰り返されたのが、

販路がある企業と組むこと

よくあるB級グルメのように、「タコとキムチがあるから、タコキムチ饅頭を作りましょう。」では、ほぼ必ず失敗してしまう誰向けに、どこで売るのかが1番重要とのこと。

ほんとにそのとおり。
プロダクトアウトではなくマーケットインの発想ですね。

23772181_10155845614438431_1474669155_n
齊藤さんの任期中に、僕も天塩町に一度伺いたいです。

⇒ もっと知りたい!
前職は総理官邸で国際広報を担当。異色の副町長・齊藤啓輔さんが語る”スピード感あふれる”まちづくりの秘訣
提案者が語る地方創生人材支援制度の狙いとこれから

4eb2faa6[2]

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2017年11月20日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑