町家のインバウンドに特化した新しいDMOのカタチ

2017年12月07日 06:00

第4回いよぎんビジネスプランコンテストを見学しました。

71組の中から選ばれた10組が発表。針を使わずに(血液を採取せず)指を置くだけで、センサーで代謝熱から血糖値を図る弓削商船高等専門学校の生徒のアイデアなどとても刺激を受けました。

その中で、地域ビジネスとして興味深かったのが、大洲市(おおずし)地域おこし協力隊の井上陽祐(いのうえようすけ)さんの新しいDMOのカタチ。

発表スライドの1枚目は、
大洲・肱南地域を世界に開けていた100年前に戻す!

強烈なインパクトです。

100年前は、木蝋を世界に輸出することなどで栄えたこのエリア。現在は、世界中からインバウンドを受けいれようと試行錯誤しています。

浪漫祭2

(写真提供 井上陽祐氏)

歴史的な町家が約100件も残る大洲市。ほとんどが使われておらず、少しずつ取り壊しが始まっています。

もったいない!
井上さんの呼びかけに、地元有志が立ち上がりました。

22406280_1922257051358387_7445910906689157324_n

(写真提供 井上陽祐氏)

みんなで町家を大掃除。町家を活用して、結婚式やバーなどさまざまなイベントを行います。

今後は、井上さんが中心となり、社団法人を設立。町家を借りたり、買ったりして、ホテルやレストラン、バーなどに自ら改修・経営、あるいは誘致して、特にニーズが高い外国人旅行客を受け入れます。

社団法人が一括して町家を管理することで、誘致を進めるとともに、デザインに基準を設けることで町の統一感を醸成。さらに、市役所や観光庁などと連携して、まずは英語圏の香港などから効果的なPRを行うとのこと。

machibito1

(写真提供 井上陽祐氏)

ターゲットが明確であること、ネットワークがあること、ロジカルであること、地域超密着であること、そして自分で投資する覚悟があることなどから僕はきっと成功すると信じています。これからの変化が楽しみです。

もっと知りたい!
日南市油津商店街の木藤亮太さんが語る商店街再生の極意「隙間を埋めるのではなく隙間をつくる」

ご存知ですか?郡上八幡の空き家に、お洒落なお店がぞくぞくオープン

4eb2faa6[2]

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2017年12月6日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑