「40代前半の層が薄い」というのはやっぱり変でしょ

2017年12月10日 10:00

旭化成公式サイトより(編集部)

旭化成社長のインタビューがちょっとバズっておられるので備忘録代わりにまとめておこう。

【参考リンク】「40代前半の層が薄い」人手不足に危機感 旭化成社長

同社同様、2000年前後に新規採用を抑えたために40代前半が薄くなっているという企業は少なくない。終身雇用である日本企業は雇用調整を残業減と新規採用抑制でしか行えないため仕方がないのだが、結果生まれたのが氷河期世代だ。

で、後になって「その世代が手薄だから」と中途採用しようとしても、他社も手薄なもんだからなかなか採りようがない。彼らのいう「40代前半の層」というのは同じような規模の企業で正社員キャリアを積んで課長以上に昇格した40代前半のことなので、非正規雇用を続けてきたフリーターなんかが「呼んだ?」と顔出しても門前払いを食うだけだ。

ホント、終身雇用というのは世に出る時代で白黒決まってしまい、後から中々挽回するのも難しい理不尽な仕組みなのだ。

というと
「40代前半は数が少ないならなぜ過半数がヒラなの?その人たちを出世させて使えばいいのでは?」
と思う人もいるかもしれない。そこはそう単純なものでもなく、やっぱり組織として最低限クリアしてほしい基準はあって、たとえば毎年100人新卒で採っていて40代で30人が部課長になっているとすると、氷河期に年30人しか採らなかったから30人が全員部課長になるかというとそれはない。頑張って十数人だろう。だから、この場合の企業が欲しがる40代前半というのは、他社で管理職に昇格できた十数人、ということになる。そりゃなかなか採れませんわ(苦笑)

ちなみに、労働市場を流動化してしまえば終身雇用も年功序列も無くなるから、企業は年齢や学歴よりも「その人がどういう仕事ができるか」で判断するようになる。

上記の社長さんで言えば、「40代前半が少ない」じゃなく「〇〇事業に関連する人材が少ない」とおっしゃるようになる。

何歳だろうが、前職でどういう雇用形態だろうが関係ない。ただ、〇〇の仕事が出来るかだけ。もう卒業する時が不況かどうかなんてあんまり気にしなくてよくなるし、入った会社がアウトでも後からいくらでも入りなおせる。新人が過労死するようなこともなくなる。

ほら、コンビニやスーパーのバイト募集だと「レジ業務」「食品搬入、配列業務」とか業務内容で募集してるでしょ?あれが世界標準。何歳代で募集という日本の正社員が異常なの。

ついでにいうと、その〇〇が出来るようになるために、大学で学びなおす社会人も増えるから日本の大学も他の先進国の大学のように30歳以上の学生の姿が普通に見かけられるようになる。“入試合格証明書発行機関”としての大学はもっともっと大きな役割を果たすようになる。

というより、もはや若者の方が少数派なんだから、どのみちそっちに行くしか道はない。
ということを、なんだか最近無かったことにされかかっている氷河期世代の一人として記しておこう。

※〇〇には「AI」でも「ブロックチェーン」でも「VR」でも、なんでも好きな言葉を入れてOKです


編集部より:この記事は城繁幸氏のブログ「Joe’s Labo」2017年12月10日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はJoe’s Laboをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
城 繁幸
人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑