お金を借りるのは「悪いこと」ではなく、限られた人の「特権」

2018年01月02日 11:30

「借金=悪」と思い込みが未だに日本人の間には根強いようです。かくいう私も数年前まではこの固定観念に縛られていました。

確かに、消費のための借金は良い借金とは言えません。

例えば、自動車ローンで車を買ったり、リボ払いで買い物するのは、今の快楽を将来にわたって支払っていくものですから、やめた方が良いと思います。

しかし、投資のための借金は、身の丈に合った金額であれば、むしろ積極的にやるべきです。

ただし「お金を借りる力」というのは誰にでも備わっているものではありません。不動産投資の場合、金利1%台で借入することが可能ですが、このような有利な条件で借りられるのは、仕事で収入を得ている日本人だけです。一部の日本人だけの「特権」と言えるのです。

ところが、この特権をほとんどの人は、マイホームを買うために使ってしまいます。マイホーム購入は投資のための借金ではなく、消費のための借金です。

マイホームを購入するとローンを返済するのは自分の働いたお金になります。お金を借りて不動産を購入すれば、ローンは賃借人が勝手に払ってくれます。自分が働いて返済するのと、人に返済をやってもらう。マイホームと不動産投資のどちらがリスクが高いかは明らかです。

私の周りにはここ数年で不動産投資を始めた人が、数百人います。中には、サラリーマンで10戸のワンルームマンションを購入し、自分の年収とは別に年間500万円近い収入(不動産収入とローン金利の差)を得ている人もいます。リタイアしても、不動産収入だけで充分生活できる未来が見えています。

2018年こそ不動産投資を始めてみたいという方のためにセミナーやパーティーを企画しています。いずれも初心者、未経験者の方に合わせた内容ですので安心して参加してください。お1人でのご参加も歓迎です。

「99%成功する不動産投資」出版パーティ(1月20日) どんな人たちが不動産投資しているのか、誰に相談したら信頼できる情報が得られるか知りたい方が気軽に参加できるイベントです。

究極のポートフォリオセミナー(1月21日) 資産運用をロジカルに考えて真剣に資産構築を始めたい人のためのセミナーです。

遂に10戸になっちゃいました!会社員の私が2年半で1億6000万円の資産を作ったリアルな方法教えます(1月21日) 経験者の話を聞いて、リアルな現実を知りたいという方のためのセミナーです。

実は私も今月さらに2つ物件を購入します。都心の物件に関しては、もう遅いということはありません。投資のチャンスは続いているというのが私の考えです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年1月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑