【映画評】レディ・ガイ

2018年01月24日 11:30
Assignment/ [Blu-ray] [Import]

凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、マフィアとの銃撃戦の最中に意識を失ってしまう。見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めると、フランクは男から女へ性転換手術を施されていた。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、自分は手術をした医者で、手術はフランクへの復讐なのだという見知らぬ女の声が。怒りに震えながらも、フランクは大切な“モノ”を奪った女医を見つけ出し制裁を加えるため、銃と色気を武器に女殺し屋となって復讐に立ち上がる…。

組織に裏切られ狂気の女医から性転換で女にされてしまった殺し屋の復讐を描く異色のアクション「レディ・ガイ」。性別が入れ替わるという設定の映画は過去にも、日本映画「転校生」や、大ヒットしたアニメ「君の名は。」がある。米映画にも「スウィッチ/素敵な彼女?」という佳作があるなど、ひそかに人気のジャンルなのだが、その入れ替わりには、不思議な力が働いているというものがほとんど。だが本作は、性転換手術というから、現実的なのだ。体は女でも心は男のまま。“モノ”は取られたが、俺を女にしたヤツらのタマ(命)は取る!…というワケで壮絶な復讐劇がスタートする。キワモノでギャグすれすれのストーリーだが、リベンジの理由が妙に説得力があるのも事実だ。

見所は何と言っても、男っぽさが魅力の二人の女優だろう。男前女優ことミシェル・ロドリゲスが、術前・術後の両方を一人で演じるが、男女共にフルヌードまで披露し、気合が入った女優魂を見せてくれる。一方、もう一人の女傑女優シガニー・ウィーバーは、狂気の天才外科医に扮して貫禄たっぷりだ。メガホンを取るのは男の世界を描き続けてきたウォルター・ヒル監督。初の女性主人公が性転換された殺し屋とは、恐れ入ったが、こういうヒネッた形でもハードボイルドなテイストは貫いている。復讐のプロセスが無駄に複雑だったり、アクションが控えめだったりと、不満はある。また一部ではトランジェンダー蔑視との批判の声もあったとか。だが、効果的に挿入される劇画のグラフィックノベル風の演出を見れば、これが荒唐無稽な愛すべきB級映画だと分かる。目くじらを立てるのはヤボというもの。狂ったマッド・ドクターのラストシーンに、ゾクッとした。
【65点】
(原題「THE ASSIGNMENT」)
(仏・カナダ・米/ウォルター・ヒル監督/ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバー、トニー・シャルーブ、他)
(珍作度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2018年1月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑