「炬燵から出よう!」~関係人口のつくり方~

2018年01月28日 11:30

都市と地方をかきまぜる
~関係人口が創る新しい地域社会~

えひめ地域政策研究センター(ECPR)主催のこちらのテーマで登壇させてもらいました。

地域づくりは仲間づくり。いかにファンや応援団を増やすか。

僕がず~っと言っているテーマですが、さまざまな立場の方々との意見交換を通じて、より思考を深めることができました。

Q:会場からの「(被災地以外の地域において)どのように関係人口を創ればいいのか」という質問に対し、

食べる通信の高橋博之さんは「(地元の)価値と課題を発信し続けること」と明快に応えられたのですが(僕も、そう思います!)、その後、僕に振られたときにひらめいたのがこの言葉です。

炬燵から出よう!

地域で活動する人はそのホームグラウンドこそ輝く。」そう信じて、東京にいた時はほぼ毎週末全国を訪ね歩いていました。自分で私費で訪ねたからこそ、地方に赴任した今は逆に僕を訪ね応援してくれます。

交流というのは、一方通行ではなく双方向なもの。関係人口を増やす過程においても、自分から出ていかなければ、限界がくるのではないでしょうか。

(食べる通信の高橋博之さんと)

(食べる通信の高橋博之さんと)

もっと知りたい!
1次産業を情報産業にする「ポケットマルシェ」
「食べる通信」全国展開に寄付しました。

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年1月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑