平昌オリンピック開幕:注目はアノ国ではなく日本の選手 !!!

2018年02月10日 11:30

いよいよ平昌オリンピックがスタートしました。

すでに一部の競技は始まっていますけれども正式には2月9日午後8時に開会式が行われ25日までの日程で7競技102種目と冬季オリンピックとしては史上最大のものになるようです。

純粋に競技を楽しみたいところですがしかしどうやら今回は”政治オリンピック”の様相を呈しています。

前日には”お隣”北朝鮮の平壌でミサイルや兵器を見せつける軍事パレードが盛大に行われました。
このパレードで金正恩・朝鮮労働党委員長は
「アメリカとその追従勢力が朝鮮半島周辺で騒動を起こしている現状では戦闘準備にさらに拍車をかけていくべきだ」
と述べ、武力を見せつけて挑発する言葉を発する言行一致でお見事です。

アメリカはペンス副大統領が開会式に出席しましたが、その前7日に来日しました。
そして安倍総理大臣と2時間も会談、
「北朝鮮の微笑み外交に目を奪われてはならない」
「圧力をかけ続ける」

ということで完全に一致しています。

その後8日に韓国入りしたペンス副大統領は文在寅・大統領と会って
「韓国の国民と大統領に、はっきり申し上げたい。米国の決意は決して揺るがない」
と述べています。安倍総理は開会式の当日に韓国へ行き、同じように文大統領と会談しました。

実際、文大統領も韓国メディアもそして韓国国民も北朝鮮の微笑み外交に目を奪われていますからここは重要なところです。
北朝鮮からすれば選手団は送ったものの競技など眼中にありません。

オリンピックが25日までそしてパラリンピックが3月9〜18日まで行われますからこの”平和の祭典”の期間中もどんどんミサイル開発を進めて早いうちに彼らの目標であるアメリカに届くミサイル配備を終えたいわけで、北朝鮮がある意味でこのオリンピックの主役といえる状態です。

本来は北朝鮮を横目に競技をしっかり楽しみたいところで、前回4年前のロシア・ソチオリンピックでは日本のメダル数は合計8個でした。

アメリカの音楽データベース配信会社Gracenoteはこの8個を見事に予想しましたが、今回は日本は14個とのこと。

頑張れ、日本!


編集部より:この記事は、前横浜市長、前衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年2月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
前衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑