個人タクシーより「大日本帝国の黒タク」を選択する理由

2018年02月10日 11:30

日中仕事で時間がない時、あるいは会食後自宅に戻る際にタクシーを使うことがありますが、タクシー乗り場で拾うのではなく、出来るだけ流しのタクシーを捕まえるようにしています。

タクシー乗り場より流しの方が早く捕まるという理由もありますが、一番の理由は、タクシー会社を選ぶことができるからです。

たくさんタクシーが走っている時、私が選ぶのは通称「大日本帝国」と呼ばれる大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の「黒タク」で、この大手4社は都心に多く配車されています。黄色いタクシーと黒いタクシー(通称黒タク)がありますが、料金が同じなのに黒タクの方が座席の座り心地が良く、運転士さんもベテランの優良ドライバーが多いからです。

調べてみると、黒タクは一般車両とは異なるハイグレード車で、ドライバーも上級乗務員資格を持ち、一定年数の無事故無違反といった条件があるようです。

さらに東京では、最近背の高い乗り心地の良い新しい車種も増えてきました。セダン型の乗用車ではなくミニバンなので、さらに座席はゆったりとしています。このような車種の黒タクを見つけると、迷わず乗るようにしています。

先日知り合いの経営者の方と一緒にタクシーで移動した時、その方は個人タクシーしか乗らないと知り、好みの違いがあることに気が付きました。人によっては大手タクシー会社ではなく個人タクシーを選ぶ人もいるようです。確かに、個人タクシーは高性能な車の場合が多く、運転手さんが道を熟知しているので、人によっては快適に移動できることもあります。その日に乗った個人タクシーもサスペンションがしっかりした、加速の良い車で、運転技術もピカ一でした。

しかし、タクシーに限らずビジネスにおいて重要なのは、品質が安定していることです。乗ってみないとどんな車でどんな運転手さんかわからないタクシーの場合、品質が一番安定しているは「大日本帝国の黒タク」です。個人タクシーはずば抜けた素晴らしいサービスもあれば、マナーの悪いサービスまでバラバラです。

快適で便利な移動をするために、私はこれからもできる限り「大日本帝国の黒タク」を探して利用するつもりです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年2月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑