地域住民が起業家を応援して活性化「地域クラウド交流会」

2018年03月03日 06:00

地域力おっはークラブの常連・サイボウズの永岡恵美子さんが主宰される地域クラウド交流会(愛称:ちいクラ)。ずーっと前から誘われていましたが、ようやく参加することができました。

地域クラウド交流会(ちいクラ)は、地域住民が起業家の応援を通して、地域活性化を目指す交流会形式のイベント。起業家だけでなく、地域の人たちが参加することで、地域全体のビジネスの活性化につながることを目的としています。

これまでに北海道から九州まで全国で77回、延べ10,000以上の方々が参加しています。

起業家の3分プレぜン、参加者(地域住民等)の投票というのが基本的な流れですが、

参加費1,000円のうち500円が投票した起業家に寄付される仕組み(うち500円は運営料)や、アイスブレークの大人の本気のラジオ体操、投票結果がサイボウズのキントーンですぐに分かりやすく集計されること、投票所のボランティアなども自らの活動をプレゼンする機会があることなどさまざまな工夫があります。

ふだんは知らない地域の起業家などの活動を知ることができ、また、起業家にとっては新しい仲間が得られます。

80人以上参加し、80%以上が満足しなければ次回以降同じ地域で開催できないなど、少し高めの、手を伸ばせば届きそうな目標が、努力や一体感を生み出します。

商工会や法人会などの活度もそれぞれ素晴らしいのですが、誰でも参加可能な地域クラウド交流会(ちいクラ)は毎回、約半数が初めて参加するので、活動するたびに仲間が広がっていくのが面白いなと思いました。また、どこかで参加してみたいです。

地域クラウド交流会のホームページは、こちら

もっと知りたい!
会議や講演に「30の動き」をつくることで、脳も活性化

講演会の参加者からの質問が飛躍的にレベルアップするたった一つの方法

地方創生「産官学金労言」という落とし穴

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年3月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑