墓穴を掘ってしまった自民党の質問

2018年03月20日 06:00

フジテレビ「みんなのニュース」より:編集部

墓穴を掘ってしまった自民党・こころの質疑者

この方はしばしば言わずもがなのことを言って失敗されるようだ。自民党プロパーの参議院議員ではなさそうだが、自民党の参議院議員よりも安倍総理を擁護したい気持ちが強そうである。良識の府と言われる参議院で表舞台に立たせるのにはどうにも難がある。

日本のこころという党に所属されていたことがあるから、自民党・こころの会という会派の枠で予算委員会の質疑に立たれたのだろうが、質疑の途中で聞くのを止めてしまった。

ご自分の独自の考えを押し付けようとしているのがミエミエなので、あの質疑では一般の視聴者の共感を得られないだろうな、と思った。

決して質疑が下手だというわけではないが、人の心の琴線に触れるような話し方が出来ないようである。

もっと工夫された方がいい。

ご自分の独自の見解を押し付けて、現役の理財局長から、いくら何でもそんなご無体な、などという答弁を貰うようでは、何のために自民党・こころの会を代表して世間が注目している参議院予算委員会の集中討議の場に出てきたのか分からなくなる。

自民党のマイナスポイントを拡げてしまいましたね、と申し上げておく。

そろそろ、来年の参議院選挙に向けていい候補者を選ぼう

くれぐれも選挙を大事にしていただきたいと願っている。

これぞという候補者を何としても担ぎ上げていただきたい。
与野党を問わず、である。

日本政治がまた大きな曲がり角に来たな、という感じである。

安倍総理で自民党が来年の参議院選挙を戦うのは、もはや無理である。
世論調査のたびに安倍内閣の支持率が落ちていくことは必至である。

佐川氏の証人喚問を先送りしても展望は開けない。
佐川氏の証人喚問を実施しても、多分同じである。

してもしなくても同じなら、私はさっさとやって、次の一手を打つことを考える。

政治が混乱することは望まない。
国民の生活を危険に晒すようなことは絶対にしたくない。

やはり、ここは自民党の良識派の方々に蹶起を促すのがいいだろう。
自民党の良識派の方々が立ち上げれば、野党の良識派の方々も、無闇矢鱈に何でも反対、とは言わなくなるだろうと思うからである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2018年3月19日の記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑