【映画評】曇天に笑う

2018年03月28日 11:30

©2018映画『曇天に笑う』製作委員会 ©唐々煙/マッグガーデン

明治維新後の滋賀県大津。曇(くもう)神社を継ぐ曇家の3兄弟、長男・天火、次男・空丸、三男・宙太郎は、300年に1度出現し人々に災いをもたらすという大蛇・オロチの復活と、大蛇の力で政府転覆を企てる風魔一族を阻止しようと立ち上がる。右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(やまいぬ)もまたオロチを封印するために動いていた。兄の天火が、かつて犲に所属していたこと、両親を風魔一族に殺されてからは天火は国のためではなく弟たちのために生きていることを知った空丸は、兄を超えたいとの思いからある決意をするのだが…。

明治維新後の滋賀県を舞台に人々に災いをもたらす大蛇を封印しようと戦う3兄弟を描くアクション・アドベンチャー「曇天に笑う」。原作はテレビアニメ化や舞台化もされている唐々煙の大人気コミックだ。原作は外伝まである、かなり長尺なものだが、実写映画化された本作は、さっくりと短い94分。原作ファンには物足りないかもしれないが、これはこれで潔いまとめ方だ。主人公の曇天火(くもうてんか)は、ハードな宿命を背負っているが、どんな時も笑顔を絶やさず周囲を明るく照らすような男。この陽性のキャラクターと、曇り空が続く大津で災いが近づく不穏な空気が、好対照となっている。

曇3兄弟、犲、風魔一族といったそれぞれ異なる思惑を持つ3つの集団が、三つ巴となって死闘を繰り広げるクライマックスのアクションは見応えたっぷりだ。ドローンを駆使した上空からの撮影アングルもいい。天火を演じる福士蒼汰は、武道ジークンドーの使い手というだけあって、アクションの動きが美しく迫力たっぷりだ。特徴的な武器・鉄扇との相性も良い。ただ、アクションの出来栄えに対し、ドラマパートは話が大きすぎてCGのクオリティが伴わず消化不良なのが残念だ。主要キャラがほぼ男性のみで女性が登場しないので、当然恋愛要素も皆無。このあたりに不満を持つ映画ファンもいることだろう。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督らしく、組織(集団)の中でのそれぞれの立ち位置という視点が生かされているのが面白い。笑いあり、アクションあり、陰謀あり、俳優たちの熱演あり。何より3兄弟の強い絆を楽しんでほしいエンターテインメントだ。
【55点】
(原題「曇天に笑う」)
(日本/本広克行監督/福士蒼汰、中山優馬、若山耀人、他)
(恋愛度:☆☆☆☆☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2018年3月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑