フェラーリは土俵にあがってOKで女性はダメ?

2018年04月10日 06:00

相撲協会は「女人禁制が伝統」と言っていますが、史実を紐解くと明治までそんな伝統はありませんでした。

相撲の女人禁制は単なる女性差別。今すぐやめろ

これだけでも噴飯モノですが、さらに彼らの欺瞞が強調されるできごとがありました。

昨年10月の記事です。

フェラーリ、創立70周年記念イベントを開催│大相撲の聖地・両国国技館の土俵で10億円のラフェラーリ・アペルタを公開!?(オートックワン


土俵の上で、めっちゃ車乗ってます。
車は良くて、女性はダメなんですか?相撲協会さん。

女性はモノ以下なんでしょうか。

しかも、フェラーリはイタリア企業ですが、イタリア語で車( la macchina )は女性名詞だそうw

相撲協会、全然整合性取れてないじゃん。

こんな滅茶苦茶な団体が、公益財団法人を取っている事そのものが、同じく公益社団法人の理事長をやっている自分からすると、全く納得行きません。

内閣府の公益等認定委員会は、公益法人の運営に箸の上げ下げまで口を突っ込んでこられますが、なぜ相撲協会の女性差別は看過し続けるのでしょうか。全く意味が分かりません。

与野党の国会議員の皆様におかれましては、ぜひ相撲協会の公益認定について、突っ込みの質問を入れて頂けますと幸いです。

そして相撲協会さん、日本人だけだった相撲界に外国人を受け入れ、横綱にまで育てている懐の深い貴方達が、女性を受け入れられないわけがありません。

捏造された伝統は捨て、生まれ変わりましょう。

*注)イタリア語で車が女性名詞だというのは、経済学者の 安田洋祐先生からご指導いただきました。感謝です。


編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2018年4月9日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑