パスタは食べても太らない、より効果あり。中田流「深夜ラーメンOK」方法

2018年04月10日 11:30

インターネットでNewsweekの「パスタは食べても太らない」という記事を発見しました。

ローカーボ(低炭水化物)ダイエットや糖質制限では
「炭水化物を減らしましょう」
とされますが、実はパスタは太らないという内容です。
記事によればパンやお米に比べてパスタはグリセミック指数(GI値、glycemic index)が低いということで、
GI値が高いと

血糖値が急激に上がる

インシュリンの分泌が増える

エネルギー転換される

使い切れないエネルギーが脂肪として蓄えられる
というメカニズムですが、GI値が低いパスタはこうならないとのことです。

とはいえパスタもいろいろな種類がありますしどんな油を使うか?おかずは?どんな食べ合わせ?が問わますから一概ではないでしょうが、この記事は事実にタイムリーでした。

というのも4日後に本を出版します。
全国の書店に並ぶのはちょうど1週間後の4月16日からですが、タイトルは
『忙しい人のための死ぬまで太らないカラダの作り方』
です。

忙しい人のための死ぬまで太らないカラダの作り方
Amazonへのリンク

率直に言って人に自慢できることは何一つありません。
ずば抜けた才能もありませんし、努力が実って突き抜けた成果もありません。

横浜市長の時に
「次の世代のために」
と考え1兆円の借金を減らせたのは大きな成果でしたけれども、考えてみれば
「社会も人もヘルシーに」
がモットーなんです。

そんな中で別に自慢ではありませんが友人や知人から
「それはすごい」
と言われる唯一は30年間ほとんど体重が変わっていないことです。
実際、大学卒業時に作ったスーツが今でも1着ありますがピッタリと着られます。

50歳を過ぎてからは
「なぜ太らないの?」
と聞かれることが多くなりこれを出版しようという企画が持ち上がって今回この本を書くに至りました。
この20年間の私の体重の推移もグラフになっていますが、内容は「「太らないカラダ作り」の6つのルール」ということで私の日常に照らして編集者の協力もいただいてまとめました。

目次を少しご紹介すると
暴飲暴食OK!食事は2日間でバランスさせろ!
食べ過ぎたと思ったら「プチファスティング」で太りにくい体をつくれ!

一方では
ガマンしてストレスをためるくらいなら、旨いものを楽しく食え!
お酒は減らす必要なし!

などとなっています。
実際、人と同じ食事でも気をつけていることや、電車に乗っている時にやっていることを書きました。

すでにネットショップでは予約を受け付けていますし来週には全国の書店にも並びますので、ぜひ読んで感想をお聞かせいただいたりレビューいただけたら幸いです。

深夜のラーメンをしょっちゅう食べてますし甘いものは大好きです。
でも確かに太らないその秘訣はこの本にあります!


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年4月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑